監督 片渕須直. すずは、実家を訪れた青年、北条周作に結婚を申し込まれる。あまり結婚に乗り気ではなかったすずだが、周囲の勧めに後押しされ、18歳で呉の北条家にお嫁に来る。 北条家での、すず・周作・円太郎・サンの4人での共同生活が始まる。のんびりとした性格のすずは、はじめは慣れない土地での生活に戸 … What’s Playing and How to See It. Filmart: Japanese hit animation 'In This Corner Of The World' scores sales, 5th Helsinki Cine Aasia 2017(ヘルシンキシネアジア映画祭), 20th Holland Animation Film Festival (オランダ・アニメーション映画祭), アニメ好きは必見!コスプレコンテスト「Comic Con Nepal」開催のお知らせ, В ЭТОМ УГОЛКЕ МИРА / KONO SEKAI NO KATASUMI NI, In this Corner of the World (Kono Sekai no Katasumi ni). 現在人気の記事は「声優・細谷佳正さん、『さらざんまい』『テニスの王子様』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版)」や「MAPPAおすすめアニメ・映画まとめ【2020年版】|最新作『呪術廻戦』『体操ザムライ』などの制作作品を年代順に紹介!」です。, MAPPAおすすめアニメ・映画まとめ【2020年版】|最新作『呪術廻戦』『体操ザムライ』などの制作作品を年代順に紹介!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のBD&DVDが2020年9月25日に発売!片渕須直監督に迫ったドキュメンタリー映画など約300分の映像特典が収録, 『この世界の片隅に』&『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』初出し映像満載のキャスト&スタッフ出演PV公開, 声優・細谷佳正さん、『さらざんまい』『テニスの王子様』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版), 「すずさんにカメラをずーっと向けっぱなし」で作られた映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|片渕須直監督インタビューで語られたアニメへの提案と多様性, アニメ映画『幸福路のチー』絶賛公開中!アニメ評論家・藤津亮太氏より『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』との共通点から作品の魅力に迫ったコラムが到着!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開記念舞台挨拶に北條すず役・のんさん、北條周作役・細谷佳正さん、白木リン役・岩井七世さんら登壇! 公式レポート到着!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開前に、ドキュメンタリー映画『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』の劇場公開と配信が決定!, 12月20日公開のアニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』より、登場人物が抱える”いくつもの想い”を垣間見られる新たな場面写真6点が公開!, 終戦記念日 8月15日に「AbemaTV」にて、映画『この世界の片隅に』を初放送!“100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション”, 【グッズ-スタンドポップ】鬼滅の刃 ラバースタンドコレクション 第三弾【アニメイト特典付】, 【その他(書籍)】ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック, 【ムック】ユリイカ2016年11月号 特集=こうの史代 -『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』『ぼおるぺん古事記』から『日の鳥』へ-, 秋アニメ『おちフル』日笠陽子、巽悠衣子、前田玲奈 声優インタビュー【連載第6回後半】, 【キャラクターソング】あんさんぶるスターズ!! nhk海外ドラマ、『this is us 36歳、これから』見ましたか? 今月からnhk総合で放送がはじまりました。 まだ2話の放送ですが、とっても共感できる人生ドラマです。 アメリカのドラマなんですが、自分と人生と重なってしまいます。 ヒューマンドラマというより人生ドラマ。 Toda Latinoamérica es territorio Arcade Media. 『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の長編アニメーション映画。2016年公開。昭和19年(1944年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く[64]。, 配給は東京テアトル。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた後、公開規模を累計484館(2019年10月31日時点)まで拡大し、2019年12月19日まで1133日連続でロングラン上映された。この記録は、日本国内の映画館における中断日のない連続上映としては洋画・邦画含めて史上最長である[65][66]。累計動員数は210万人、興行収入は27億円を突破し、ミニシアター系作品としては異例のヒットを記録した[67]。また公共ホールなど約450の会場で上映会が行われ(2018年1月時点)[68]、日本国外では世界60以上の国と地域で上映される。制作の足がかりとなる資金をクラウドファンディングで一般から調達したことでも知られる[69]。, 本作は第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などを受賞した。監督の片渕は、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞、第59回ブルーリボン賞監督賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞。またチームとして第65回菊池寛賞を受賞した。, この他、約40分の新規場面を付け足した別バージョン作品(長尺版)として『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が2019年12月20日に公開された[70][71][72]。さらにこれと関連して、ドキュメンタリー映画『〈片隅〉たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』が同年12月13日に公開された。, 1944年(昭和19年)2月、18歳のすずは広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。戦時下、物資が徐々に不足する不自由さの中、すずは持ち前の性格で明るく日常を乗り切っていたが、翌年の空襲によって大切なものを失う。広島への原子爆弾投下、終戦。それでもすずは自分の居場所を呉と決め、生きていく。, なお原作と映画の差異について、人間行動学者で早稲田大学文学学術院教授の細馬宏通が著書『二つの『この世界の片隅に』-マンガ、アニメーションの声と動作-』に記しており、その連載(全18回)をウェブで閲覧することが出来る[85]。, 片渕監督の前作映画『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)にコトリンゴが主題歌を提供していた縁で、まずコトリンゴのアルバム『picnic album 1』に収録されていた「悲しくてやりきれない」を本作の予告編にすることが決まり、続いて本編の主題歌や劇伴もコトリンゴが手掛けることになったという[102][103]。, 2010年8月、片渕自身がこの作品のアニメーション映画化を企画し、こうのに許諾を請う手紙と自作『マイマイ新子と千年の魔法』のDVDを送った[107][108]。こうのは1996年に放送された片渕のテレビアニメ『名犬ラッシー』にあこがれ、「こういう人になりたい、こういうものが作りたいと思う前途にともる灯」として捉えていたため、アニメ映画化は「運命」と喜び、この手紙を枕の下に敷いて寝たという[109][110]。, 片渕は2010年5月から何度も深夜バスで広島に通い[80]、後知恵を徹底的に排除した上で、多くの写真を集めたり、70年前の毎日の天気から、店の品ぞろえの変化、呉空襲での警報の発令時刻に至るまで、すべて調べ上げて時代考証をさらに重ね、原作の世界にさらなるリアリティを加えた[82][111][112][113][98]。「理念で戦争を描くのではなく実感できる映像にしたかった」とディテールにこだわり、広島弁と呉弁の微妙なアクセントの違いから[114]、高角砲の着色弾の色彩の再現のほか[82][77]、劇中で登場する戦艦大和の入港[115]、及び艦上での手旗信号の内容も解読できるように作られている[82]。, アニメーションの手法としては、人物の動作を緩慢に描き、動きの幅が小さな動作にも中割りの作画枚数を割くことで、嘘臭さのない生活感を表現することが試みられている[80]。通常のリミテッドアニメでは、もっと動きにメリハリをつけて作画枚数を省略しつつ見栄えを良くする手法が用いられるが、本作の作風には合わなかったため、敢えて手間のかかる表現が用いられた[80]。また映画の後半、すずが空襲で目の前で家族の命を奪われ、自らも負傷して絵を描くための右手を喪失し生死の境をさまよう場面は、フィルムに直接傷を書き込んで作画するシネカリグラフィ(フィルムスクラッチ)と呼ばれる手法を模した表現になっているが[116][117]、これはカナダの映像作家ノーマン・マクラレンの作品『線と色の即興詩』のオマージュで、原作漫画の該当場面で多彩かつ実験的な手法が用いられていることを踏まえた表現である[116][117]。, 2012年8月17日にTwitterにて制作発表、翌日より第一弾ポスターが広島県・山口県を中心に展開された[118]。アニメーション制作は、本作の制作を目的に丸山正雄が2011年6月に設立したMAPPA[119]。ポスターの作画は浦谷千恵。制作状況は、監督によってWEBアニメスタイルのコラムで連載された[120][121]。また広島フィルム・コミッションは2011年からロケハン案内、資料収集、録音などの制作サポートを行った[122]。, 片渕の熱意は周囲を感化し、広島を中心にアニメ化を望む声は高まっていったが、資金調達のめどは一向に立たなかった[108]。その打開策となったのがクラウドファンディングであった[108][123]。2015年3月9日からはスタッフの確保やパイロットフィルムの制作を目的に、クラウドファンディングを開始し[107][98]、当初目標の2000万円を8日後の3月18日午前2時50分に達成[124][125]。最終的に5月末まで日本全国47都道府県3374人の支援者から、3912万1920円の支援金を集めた[107]。支援者数は国内クラウドファンディングの過去最高人数で、支援金額も映画部門では国内最高記録であった[113]。, 片渕は原作の要素の大部分を盛り込んだ150分のプログラムを予定していたが、4億円とされる製作費の調達は困難だったため、プロデューサーとの話し合いの末いくつかのエピソード(おもにリンに関するもの[78])を省略することにより、120分のプログラムに変更し、製作費を2億5000万円まで抑えた[62]。これにより2015年6月3日に製作委員会が正式に発足[107]、東京テアトルが配給することとなった。ネットニュースなどで広く報じられ、同日「『この世界の片隅に』を支援する呉・広島の会」が発足した[107]。, 主人公のんの起用は、片渕がすずの非常に喜劇的な部分と繊細な内向性を持つキャラクターが絞られてくると思っていた矢先に『あまちゃん』を観て、イメージにぴったりと、のんにオーディションの参加を依頼[126][127]。後日、のんから手紙で「私がすずさんをやりたい!」と気持ちが詰まった返事が来て、それを読み、映画を必ず完成させると決意した[113][126][128][129]。収録は2016年7月下旬に始まり8月中ごろまで続いたが、のんは毎日、広島弁を収録した台詞とテープを聞き、友人との会話でも広島弁を使っていたという[86][126][130]。のんの広島弁は違和感なく、すずに命を吹き込んだなど、称賛された[111][131][132]。広島弁の指導はのんも含めて広島出身の北條サン役新谷真弓と呉出身の栩野幸知が行った[107][133]。, 2016年10月28日に第29回東京国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、同年11月12日に日本国内で封切られた[134]。公開時のキャッチコピーは「昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。」「日本中の想いが結集!100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション」[135]。, 封切り日の公開館数は63館であったが、規模を徐々に拡大し、累計484館に達し(2019年10月31日時点。最大同時公開劇場数は301館(2017年2月18日~24日))[65]、2019年12月19日まで1133日連続上映された(翌12月20日に『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開(後節参照)。)[136]。2017年5月には、映画館以外でも全国各地の公共ホール、小学校から大学までの各種学校、野外などでの上映会が企画され、上映されるようになった[137][138][139][140][68]。公共ホールなどでは2018年1月までに約450の会場で上映会が行われた[141][68]。英語字幕版の上映も行われた[142][143]。, ロングラン上映に関して、特に茨城県土浦市に所在する映画館『土浦セントラルシネマズ』は2017年2月18日からの上映開始であるものの、当劇場での上映だけでも連続上映日数が1035日を記録し、ファンからも一種の「聖地」として扱われており、片渕自身も当作品について語る際には土浦セントラルシネマズを引き合いに出すことが多い[144][145]。なお『土浦セントラルシネマズ』は『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を公開初日から上映を開始することに伴って先作の上映を2019年12月19日で終了したため、連続上映日数が上述のように1133日で途切れることとなった[136]。片渕の調査によれば、これは日本国内の映画館においては洋画・邦画含めて史上最長の連続上映記録であるという[66][注釈 3]。, 封切りから1年となる2017年11月12日以降の上映は、一般発売用ブルーレイディスク・DVDの為に細かな作画や彩色など一部修正したバージョンに切り替えられた[148]。なお、2017年9月6日に封切られたフランスの上映には、当初から同バージョンが使用されていた[149]。, 公開直前に開催された広島国際映画祭2016でヒロシマ平和映画賞を受賞したが[150][151]、この時点ではマスメディアで扱われることはほとんどなかった[132][152]。一方で、公開前の早い時期から試写後の反応で「本年度ナンバー1」との呼び声も上がり、多くの評論家・著名人・アーティスト・クリエーターから高い支持を受けていた[153]。こうして迎えた公開初日には主要劇場で全回が満席となり、上映終了後には拍手が沸き起こった[154]。配給元・東京テアトルの直営館であるテアトル新宿では1か月以上連日満席・立ち見となり(立ち見すら売り切れて札止めになるというあまりないことが続いたという)[155]、同館の過去10年間の週間興収で最高記録を塗り替えた[74]。一方で、地方の劇場ではガラガラのところもあり、宇多丸は作品の評判をきちんと広げる必要があると述べている[156]。, 映画.com発表のTwitterつぶやき数ランキング[注釈 4]では公開2週目で3万5000件超(前週比739%)を記録し、8週に渡って1位であった『君の名は。』を上回り首位に立った[157]。本作のSNSの拡散・口コミ効果について、NHKは「SNSによる口コミ効果が爆発的に広がっている作品」と紹介し[158]、シネマトゥデイは「本作の人気の沸騰ぶりは尋常ではない。事前に作品を観た著名人や批評家らが軒並み絶賛してネットに拡散」と分析した[74]。アンケート調査では、鑑賞後に不特定多数へ向けてSNS等に感想を投稿した割合が22.6%となり、他ヒット作の15%前後[注釈 5]と比較して高いという結果が出た[159]。, 興行成績[注釈 6]は、小規模公開ながら初登場10位にランクイン[154]。公開2週目は初週の興行収入・動員をさらに上回り、3週目・4週目もさらなる右肩上がりを記録。4週目には異例のジャンプアップとなる4位に浮上した[158]。こうして公開初週から15週にわたり週末興行成績のトップ10入りを果たした。, その後、公開216日目となる2017年6月15日に累計動員数200万人を突破した[160]。2018年11月12日時点の累計動員数は210万人、興行収入は27億円[63]。これにより東京テアトル配給の劇場用映画としての史上最高記録を更新した(従来の記録は5.2億円[注釈 7])。, 日本国外へのセールスは、ロンドンに拠点を置くアニマツ・エンタテインメントが代理人を務める[225]。英語版のキャッチコピーは『Torn apart by war. この世界の片隅に (2016). ニュース 2020.09.25 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』Blu-ray & DVD 本日発売!. Exclusive: In This Corner of the World Anime Film's Subtitled Clip Shows Suzu's Melancholy. The Japanese animation of the year is coming to Singapore. この世界の片隅に。主要な登場人物の声優を一覧にしてみた. 映画好きなんで定期的に観てます。映画館、DVDBlu-ray、Amazonプライム、テレビなどで。作品:この世界の片隅に監督:片渕須直出演:(声優)のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、澁谷天外他時間:126分自己評価・ハマり度: この世界の片隅にのアニメ映画化気になるあらすじ時は1944年昭和19年にすずさんは18歳で広島から軍港のある呉の北条家に嫁ぎます。見知らぬ土地で海軍勤務の北条周作の嫁となり新しい日々が始まりました。ですが戦時下の為、物資がどんどんなくなって インタビュー 2020/10/3 21:30 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん、声優抜てきの秘話とは?片渕須直監督が読者の疑問に次々回答! 「Yahoo!映画」、作品ユーザーレビュー投稿による年間ランキング「映画ファンが選ぶ!ベストムービー 2017」を発表 数々の話題作を抑えアカデミー賞受賞作『ラ・ラ・ランド』がユーザー投稿数1位! 『「この世界の片隅」を生きる 〜広島の女たち〜』堀和恵 著(郁朋社、2019年7月24日)、isbn 978-4-873-02700-5 『「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと』(文藝春秋、2019年11月29日)、isbn 978-4-163-91135-9 - 03.12. LA Film Fest Hosts 'In This Corner Of The World' US Premiere, Toronto Japanese Film Festival Announces 2017 Award Winners, Edinburgh International Film Festival 2017, 韓国で「この世界の片隅に」大賞 国際アニメーション映画祭 - 共同通信 47NEWS, 'Coco,' 'The Breadwinner' Lead Annie Awards Feature Nominations, Online Film Critics Society Nominees – ‘A Ghost Story’ and ‘mother!’ Make the Cut, 『この世界の片隅に』アニー賞に続きオンライン映画批評家協会賞でも最終ノミネートされる!メジャー作品と並んでの堂々最終5作品!. 2), coco賞2016 - Twitter上の映画ファンが選ぶ2016年映画ランキング, デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー:大賞は「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」 主演・中村獅童も喜び, 日本アニメーション学会主催 日本アニメーション学会賞 2017 選考結果・贈賞式 のお知らせ, 第3回ジャパン・ツーリズム・アワード受賞団体が決定、大賞は南三陸ホテル観洋の「震災語り部バス」, "この「一同」には、原作のこうの史代さん、片渕須直監督、制作・製作スタッフのみなさん、そしてクラウドファンディングに参加された皆様が含まれます。", 速報2017年度日本インターネット映画大賞日本映画アニメ賞は「この世界の片隅に」に決まりました, TAAF2018アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『この世界の片隅に』と『けものフレンズ』に決定!, グランプリは映画「探偵はBARにいる3」×北海道札幌市!「第8回ロケーションジャパン大賞」授賞式, 文化庁メディア芸術祭:アニメーション部門大賞に「この世界の片隅に」「夜明け告げるルーのうた」, No.1は「この世界の片隅に」 佐賀新聞記者が勝手に選ぶ!2016シネマベスト10. THE HAWAII FILM CRITICS SOCIETY 2017 LIST, 17è FICAM : Le film japonais ‘’dans un recoin de ce monde’’ remporte le Grand prix, Compétition Internationale du Long Métrage d'Animation, LAS FAVORITAS DEL 27º FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE, 日本のアニメーションはキャズムを越え始めた 『君の名は。』『この世界の片隅に』から考察, 『はだしのゲン』から『この世界の片隅に』へ…反戦を掲げない戦後派--戦争マンガは何を伝えるのか?, なんでこんなにアホなのか?(15) 『この世界の片隅に』が描いた、従来の邦画に欠けていた、「戦争のイメージ」, 【8日の赤旗文化面】こうの史代さんの漫画を原作にしたアニメ映画「この世界の片隅に」http://konosekai.jp/ が公開されました。, 上映1年超え、異例のロングラン 映画『この世界の片隅に』監督・片渕須直さんインタビュー, 「この世界の片隅に」長尺版の作業は「進行中」、片渕須直監督がTwitterで明かす, 広島国際映画祭、オープニング作品で「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」暫定版を上映, 〜『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開記念〜 ドキュメンタリー映画 「〈片隅〉たちと生きる 監督・片渕須直の仕事」 劇場公開と配信が決定!, “コトリンゴが手掛ける『「この世界の片隅に」さらにいくつものサウンドトラック』12月18日発売”, https://tower.jp/article/feature_item/2019/10/25/0704, http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/27/news065.html, 「この世界の片隅に」世界観を手のひらサイズで鑑賞♪ 印象的なシーンが小型ジオラマ“ヴィネット” 化, 「この世界の片隅に」監督・片渕須直インタビュー 調べるだけではだめだ、体験しないと!, 片渕須直×細馬宏通トークセッション 「この世界の片隅に」の、そのまた片隅に(前編), 片渕須直×細馬宏通トークセッション 「この世界の片隅に」の、そのまた片隅に(中編), 片渕須直×細馬宏通トークセッション 「この世界の片隅に」の、そのまた片隅に(後編), Born in the EXILE 〜三代目J Soul Brothersの奇跡〜(初回生産限定版), EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT'S SHOW TIME!!”. Vì chiến tranh mà chia ly. 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM(完全生産限定盤), We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 TSUYOSHI & YOU & KOICHI, GRANBLUE FANTASY The Animation 5(完全生産限定版), Sexy Zone Presents Sexy Tour ~ STAGE(Blu-ray), 三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 "METROPOLIZ", 完全数量限定生産「フレームアームズ・ガール」4(Blu-ray限定プラモデルキット【アニメ版 作中キャラクター】付), GRANBLUE FANTASY The Animation 6(完全生産限定版), GRANBLUE FANTASY The Animation 7(完全生産限定版), GRANBLUE FANTASY The Animation 1(完全生産限定版), GRANBLUE FANTASY The Animation 3(完全生産限定版), 怪盗グルーのミニオン大脱走 DVDシリーズパック ボーナスDVDディスク付き<初回生産限定>, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=この世界の片隅に_(映画)&oldid=80772270, 物語冒頭、幼少のすずが海苔を届ける途中で人さらいと遭遇するエピソードの時期が「昭和9年1月」から「昭和8年12月」へと早められた, 映画では嫁と小姑の関係にあるすずと径子の対比を主軸として、原作における主要な登場人物であった遊女のリンの登場場面が少なくなっており, 映画では、女性の目線から描かれた原作を補う形で、艦船や戦闘機といった兵器のディテールや男性の登場人物の想いなど、男性的な目線の描写を追加したものになっている, 監督の片渕は、観客との交流を全国各地で精力的に行っている。本作の舞台挨拶は、公開274日目となる2017年8月12日に渋谷, 本作のヒットを受け、呉市は、主人公すずが嫁いだ北條家があったとされる場所を「すずさんに逢える丘」として整備する(2018年度に予定), 2017年5月10日、ネット配信サービスにおけるセルスルー(売り切り)形式またはレンタル形式での配信が開始された, 映画秘宝は、2019年5月号に平成の映画史を総括する「平成の傑作映画100!」特集を掲載し、本作を平成映画ベスト10の第10位に選出した, 製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会(朝日新聞社、AT-X、Cygames、TBSラジオ、東京カラーフォト・ウィングス、東京テアトル、東北新社、バンダイナムコアーツ、ビーエスフジ、双葉社、マック、MAPPA、ジェンコ), 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』Blu-ray特装限定版の特典DISCに収録される(バンダイナムコアーツ、2020年9月25日), 「この世界の片隅に」さらにいくつものサウンドトラック(作曲:コトリンゴ、発売元:フライングドッグ、販売元:ビクターエンタテインメント、2019年12月18日), 『ありがとう、うちを見つけてくれて』「この世界の片隅に」公式ファンブック(双葉社、2017年7月28日)、, 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に 公式アートブック さらにいくつもの増補』(宝島社、2019年12月7日)、, 『この世界の片隅に 絵コンテ[最長版]上巻』(スタイル、2019年12月20日)、, 『この世界の片隅に 絵コンテ[最長版]下巻』(スタイル、2019年12月20日)、, 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』劇場アニメ公式ガイドブック(双葉社、2020年1月30日)、, スペシャル対談 片渕須直×細馬宏通トークセッション-「この世界の片隅に」の、そのまた片隅に, 『「この世界の片隅に」の人間像 -「修身」・「図画」と戦時下の日常生活』幸津國生 著(花伝社、2018年1月6日)、, 『今日を生き延びるためにアニメーションが教えてくれること』佐分利奇士乃 著(学芸みらい社、2018年12月25日)、, 特別対談 作品の舞台に観る者を招き入れる-アニメーションの見方の「新しい尺度」をさぐる(片渕須直監督×佐分利奇士乃), 『「この世界の片隅」を生きる 〜広島の女たち〜』堀和恵 著(郁朋社、2019年7月24日)、, 『「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと』(, 「この世界の片隅に」公式カレンダー 2018(クロブルエ・ジェンコ、2017年12月30日)、.