万が一加害者となってしまった場合、自分の身を守る事ばかり考えずに、しっかりと被害者に対し謝罪し、誠意を見せることが非常に重要です。今回は、事故発生後からどのようにして被害者に「加害者の誠意」を伝えていけばよいのか、事故発生後からの4つのポイントを細かく解説します。 交通事故の加害者は、警察での取り調べが終わった後に、検察庁から呼び出されます。ここが、起訴されるかされないかの大きな分岐点となります。ご存知の方も多いでしょうが、起訴されてしまい裁判となった場合は、99.9%の確率で有罪となってしまいます。 詫び状は加害者として最低限の謝罪 です。 「交通事故後すぐにお見舞いに行き謝罪の気持ちは伝えたし、後日あらためてお見舞いに行くことも伝えてあるので、手紙とかそこまでしなくても良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。 交通事故の謝罪は、とても重要です。 謝罪するからには、相手に誠意が伝わる方法をとりましょう。 刑事事件や交通事故の示談にたずさわった経験から、ベストな謝罪文の書き方、謝罪の仕方について、みなさまにお伝えしていきます。 交通事故事件では、加害者の対応に憤りを感じている被害者も多く存在します。加害者がしっかりとした謝罪を行い、誠意を見せた対応をしてくれれば何ら問題はないのですが、このような対応をせず、誠意がまったく感じられない場合には、当事者間においてトラブルとなり得ます。 しかしその感情を直接加害者にぶつけてしまうと、 示談がコチラに対して不利に運んでしまう 場合があります。 交通事故によって被害を受けた場合・精神的苦痛を受けた場合は、加害者から謝ってもらうことよりも、「1円でも多く賠償金を勝ち取る」という目的一つにしぼることが最も重要なのです。 事故後早々に保険会社へ連絡しましたので、治療や修理等については保険会社を通じて対応させて頂きます。. 「交通事故の謝罪の仕方が知りたい」 このようなお悩みをお持ちの方もいますよね。 今回は、「交通事故の謝罪」について、 ① 訪問 ② 電話 ③ 謝罪文の書き方 などを特集します。 交通事故の加害者の方は、必見です。 ぜひ最後までおつきあいください。 交通事故を起こしておいて、謝罪どころか顔ひとつ見せない加害者がいるケースがあります。交通事故発生件数のうち、約9割は示談交渉によって解決されたと言われています。 交通事故の話・・・72 | 加害者からの謝罪がない. 交通事故の加害者が謝罪に来ないのは、加害者が加入する任意保険会社から禁止されているのかもしれません。謝罪に来ないことで苛立ちを感じるもしれませんが、謝罪がないことだけを理由に慰謝料増額を主張するのはむずかしいといえます。 こんにちは、管理人です。もし、ちょっとした不注意から自分が交通事故の“加害者”になってしまったら、あなたは被害者に対してどのように行動しますか? 事故現場では、まずは救急・警察・保険会社に連絡し、被害者の救護と警察による・・・ 公開日 : 2017年10月3日 / 更新日 : 2020年9月25日 1569pv 交通事故の加害者からのお詫びが全くない時、もしくは電話1本の場合、または菓子折りや現金でお詫びの気持ちを示してくるケースなどがあります。事故の内容によっては被害者にも過失があり、加害者が反省しないこともあるでしょう。交通事故で加害者がお詫び こんにちは、管理人です。もし、ちょっとした不注意から自分が交通事故の“加害者”になってしまったら、あなたは被害者に対してどのように行動しますか?, 事故現場では、まずは救急・警察・保険会社に連絡し、被害者の救護と警察による実況見分を済ませ、被害者に対し謝罪をしたり連絡先交換をしてから、事故後の処理については保険会社に依頼するといった流れになりますが、その後、あなたは“被害者に電話でお詫び”をした方がいいと思いますか?, 今回は、交通事故を起こしてしまった際に、被害者に電話でお詫びをした方がいいかどうかについて、解説します。, 自らが加害者となってしまった場合、被害者に改めて電話でお詫びをするというのは非常に気が重い行動かもしれませんが、しっかりと被害者に“誠意”を伝えられたかどうかは、事故後の示談交渉や刑事責任の量刑に大きく影響する可能性があります。, 被害者の立場からすれば、加害者のせいで自分や家族が怪我などで苦しんだり、愛車が傷つけられたりしたのに、加害者が「事故処理は保険会社に全て任せているので、謝る必要はありません」という態度を見せたら、とても気分を害するのではないでしょうか。, そうなってしまうと、被害者がなかなか示談に応じてくれなかったり、場合によっては「加害者から全く謝罪の言葉がなく、反省の気持ちが感じられなかったので、加害者に対して厳罰をお願いします」と、警察や検察に申し出たりするかもしれません。, 電話でお詫びをすることは義務ではありませんが、電話をすることで被害者にしっかりと“誠意”を伝えることはとても重要なことなのです。, それでは、交通事故を起こしたら、必ず被害者に電話でお詫びをすべきなのかと言うと、「きちんと電話でお詫びをしたことでスムーズに解決するケース」もあれば、「電話お詫びをしたことで逆に揉めてしまうケース」もあるので、注意が必要です。, 電話でお詫びをした方がいいケースは、明らかに自分に100%過失がある場合(停車中の車との事故や、信号無視、飲酒運転による事故など)です。, このような場合、事故現場における誠心誠意の謝罪はもちろんのこと、事故後に改めて被害者に電話してお詫びの気持ちをしっかりと伝えた方が、スムーズな事故解決に繋がる可能性があります。, 「事故現場で謝罪して誠意を見せたのだから十分なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、加害者と被害者は初対面同士の他人です。, 事故現場で謝罪して誠意を見せたとしても、お互い事故のショックで気が動転している可能性もありますし、初対面同士では数日ほどしかその印象は持たないと思われますので、それだけで被害者が寛大な措置をしてくれることは難しいと考えるべきです。, ただし、被害者の怒りやショックがおさまっていない状況では、「加害者の声など聞きたくない」と、被害者が電話に出てくれないこともあり得ます。, まずは電話でお詫びすることを保険会社の担当と事前にきちんと相談し、相手が電話に出ないようであれば何度もしつこく電話せずに、保険会社を通じて「お詫びをしたい」ということを被害者に伝えてもらうとよいでしょう。, 進路変更時の事故や、交差点での接触事故など、自分にも相手にも過失がある事故で、自分の過失が相手よりも大きいと思われる場合だと、「相手にお詫びしなければ」と考えるものです。, また、初めての事故だった場合、実は相手にも過失があったとしても、相手に怒鳴られたりするとつい「自分が悪かった」と思い込み、とにかくお詫びしなければと焦ってしまうこともあります。, ですが、お詫びの電話がきたことにより、相手が「向こうが悪いと電話でも謝ってきたのだから、私は全然悪くない」と勘違いしてしまい、自分の分の過失を絶対に認めようとしなくなる可能性があります。, そうなってしまうと、そのあとで保険会社が示談交渉しようとしても、相手が自分の過失を絶対に認めない状況になってしまうため、交渉が困難になる恐れがあります。, 最悪の場合、保険会社から支払われない分のお金を、相手が直接要求してくるなんてことになるかもしれません。, お互いに過失がある事故では、現場で相手の怪我などを気遣うだけにとどめておき、直接お詫びの電話をかけることは避けておいた方が懸命だと言えます。, 保険会社の担当は色々な事故の示談交渉を手掛けた経験があるため、事故状況や相手の態度などを見て、お詫びの電話をすべきかどうか、より的確に判断できると考えられます。, 場合によっては、保険会社の方から「お詫びの電話は絶対にかけないでください」と言われることもあります。, もしそう言われたものの、自分としては相手にきちんとお詫びしたいと思いモヤモヤする場合は、勝手に電話したりせず、保険会社の担当に自分の気持ちをきちんと伝えて相談しましょう。, それでは、実際にお詫びの電話をするときには、いつ頃、どのような内容の電話をかけるとよいのでしょうか。, 例えば、事故から数日経過したのに加害者から何も連絡がなかった場合、被害者としては「あの加害者は数日経ったのに電話の一つもよこさない」という、最悪な印象を抱いてしまう恐れがあります。, 事故の当日は被害者や家族のショックが大きく、加害者から電話がかかってきても落ち着いて電話に出られないと想定されますので、まずは事故の翌日に一度電話してみることがベストです。, ただし、相手が勤務中の時間帯に電話したり、早朝や夜遅くに電話したりすると、なかなか繋がらなかったり、繋がっても相手にとって迷惑になる恐れがあるため、可能であれば、事故当日に被害者と連絡先を交換する際、電話が繋がりやすい時間帯を相手に確認しておきましょう。, 交通事故におけるむち打ちなどの痛みは、事故の翌日になってから出てくることが多くあります。, 相手の体調や怪我の様子なども確認しておき、何か変化があったらすぐに保険会社へ連絡して対応してもらいましょう。, いざ電話をかけると、大変緊張するものです。事前に話す言葉を何も用意していないと、相手にきちんとお詫びの気持ちを伝えることは難しいと考えるべきです。, ですが、あまりマニュアル通りの言葉で淡々と謝罪しても誠意は伝わりにくいと考えられますので、上記のポイントを基本的に押さえながら、事故内容や相手の状況をよく考えた上で、“自分なりのお詫びの言葉”を事前に用意しておきましょう。, 交通事故の加害者となってしまった場合、被害者にきちんと誠意を伝えておかないと、被害者が更に怒って示談交渉に応じてくれなかったり、刑事責任の量刑に影響を及ぼしたりする可能性があります。, それでは交通事故を起こしたら必ず被害者に電話でお詫びをすべきなのかと言うと、電話でお詫びした方がいいケースと、しない方がいいケースがあります。, 事故現場での誠心誠意の謝罪はもちろん、事故後にも改めて被害者に電話でお詫びの気持ちを伝えることで、スムーズな事故解決に繋がるかもしれません。, お詫びの電話がきたことで相手が「私は全然悪くない」と勘違いし、相手が自分の過失を認めない状況になってしまうと、保険会社による示談交渉が困難になる恐れがあります。, このようなケースでは、事故現場における怪我などの気遣いだけにとどめ、お詫びの電話をかけることは避けておきましょう。, 時間帯は相手の都合を考慮し、可能であれば事故現場で連絡先を交換する際に、電話が繋がりやすい時間帯を確認しておきましょう。, また、お詫びの電話では、①迷惑をかけたことへの謝罪、②被害者に対する気遣い、③事故処理について、④最後にもしっかりと謝罪、という4つのポイントを押さえながら、事前に“自分なりのお詫びの言葉”をきちんと用意しておきましょう。, 実は、同じ会社でもインターネットで見積もりを取るだけで5000円以上割引になることがあります。, 今の保険料が高いと感じている、3年以上自動車保険の見直しをしていないという方は、一度確認しておくとよいでしょう。, 保険会社から提示された慰謝料や過失割合、治療費などに納得いかないなら、和解する前に弁護士に相談するのがポイントです。, 相談は無料ですので、増額になりそうな場合だけ正式依頼すれば余計な費用もかかりません。, 交通事故や自動車保険の情報をまとめたサイトです。示談金・慰謝料・損害賠償金・治療費などの交渉方法や相場・過失割合の計算法から、交通事故に強い専門弁護士の紹介、車やバイク・自転車といった車両の事故事例、保険会社の情報、口コミ・体験談などを掲載しています。. 交通事故の加害者は、被害者に対し民法709条等に基づき損害賠償責任を負います。 さらに、交通事故を引き起こした運転者でなくともその運転者を使用して事業を実施していた者(例えば、運転者の所属する会社)であれば、民法715条に基づき使用者責任を負います。 さらに自分が所有する自動 … 謝罪文のテンプレート、例文を紹介; 謝罪文作成の注意点; 交通事故の加害者としてどう謝罪したらいいかお悩みなら弁護士に相談. 死亡事故を起こしてしまった加害者にとって、被害者の遺族に対してどのように謝罪するかを慎重に検討する必要がある。 遺族の立場になると、家族を死亡させた加害者とは連絡をとりあいたくないという感情がある一方、死亡事故を起こしたのに謝罪が一切ないということも許せないだろう。 加害者としては、何らかの方法で遺族に連絡をとり、謝罪をしておく必要があるのだ。 謝罪の方法としては、手紙、メール、電話、自宅訪問などが考えられる。実際には、事故の内容や被害者との関係、遺族の立場 … 交通事故を起こした加害者側の態度が許せない場合. 交通事故では、どうしても示談の際に過失割合が問題になってくるため、過失を認めることにつながるおそれがあることから、事故を起こしたことに対してあまり謝罪しないようにということがよく言われますし、実際にそれはあながち間違ってはいません。 しかし、過失割合の具体的な数字はともかく、相手が負傷をしている場合に事故後何の連絡もしないと、相手に「電話一本もよこさない人だ」などという印象を持たれてしまい、被害感情を悪化させてしまう可能性があります。 ですから、事故後、数 … 交通死亡事故を起こした方って、皆さん彼のように自分を捨てて生きていらっしゃるんでしょうか…? 8年前、ある団体で知り合った友人のことでお聞きしたいことがあります。 実は彼は10年くらい前に交通死亡事故を起こしていたことを最近知りました。 謝罪の気持ちが感じられない態度をとったり、一向に非を認めない態度をとられたり、交通事故の相手(加害者側)に対して 不満を感じる 瞬間があるかと思います。. 交通事故加害者となったときの謝罪文の書き方. 交通事故に遭うと、加害者側から見舞金を受け取ることがあります。その見舞金について、詳しく解説しています。見舞金とは?賠償金に含まれる?見舞金を受け取るデメリットは?見舞金の受け取りは拒否できる?などの疑問について、解説しています。 Copyright (C) 2020 交通事故&自動車保険の情報サイト All Rights Reserved. 人身事故を起こし怪我をした被害者が入院している場合は、軽傷であってもお見舞いに行くべきです。, 特に、追突事故のような加害者の一方的な過失で事故を起こし他場合には、被害者へのお見舞いなど誠心誠意対応する必要があり、お見舞いに行かずに済ませて、示談をこじらせてしまうのは得策ではありません。, ただし、被害者との無用な争いを避けるために、まずは、自分が加入している保険会社の担当者に連絡し、お見舞いに行きたい旨を伝え相談してください。, また、お見舞いの際に、口頭で納得のいかない損害賠償の約束してしまわないように、示談交渉に関しては保険会社に任せ、お見舞いでは触れないようにしましょう。, では、上記をしっかりと踏まえた上で、交通事故の加害者がお見舞いをする場合に守るべき6つの鉄則を解説していきます。, ただ、もし被害者が感情的で、誠意が伝わりそうにない人なら、菓子折りではなく「花」にしたほうがいいかもしれません。, 受け取った菓子折りを食べたことで具合が悪くなったと、後日言いがかりをつけてくる可能性も0ではありません。, 被害者のお見舞いに行ったとき、誠意を理解してもらいたい一心で、お詫びを兼ねた「お見舞い金」を現金で渡したいと考える方もいるかと思います。, しかし、できれば、お見舞いに現金を包むことは避けましょう。「この程度の金額で済まそうと思っているのか!」と思われては本末転倒です。, それでも、どうしても渡したい場合は、前もって賠償金の一部とするのか、それとも単に誠意を示すためのお金なのかを明確にしておくことです。, 賠償金の一部として渡すのであれば、その旨を説明した上で後からのトラブルを避けるためにも領収書をもらって保管しておきましょう。, ちなみに、お見舞金の金額に相場はありません。「申し訳ない」という気持ちを伝えることが重要なのです。, 家族や友人への面会なら、医師や看護師が認めた範囲なら、面会時間が長くなっても問題ないでしょう。心配してお見舞いに来てくれたことが何よりも心の不安やストレスを緩和してくれるかもしれません。, しかし、人身事故の被害者をお見舞いするとなると、話は違います。被害者は加害者の顔を見ただけで事故の瞬間を思い出して負担になる可能性があります。, 意外に忘れがちなのが、被害者に手紙・詫び状を送ることです。詫び状は加害者として最低限の謝罪です。, 「交通事故後すぐにお見舞いに行き謝罪の気持ちは伝えたし、後日あらためてお見舞いに行くことも伝えてあるので、手紙とかそこまでしなくても良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。, しかし、たとえお見舞いによって自分の誠意が被害者に伝わったと感じたとしても、それは加害者の思い込みでしかありません。被害者が一人のところにお見舞いをした場合には、被害者のご家族には加害者の誠意は届きません。, 被害者が若年者の場合、被害者自身よりもご家族のほうが不安や怒りを感じていることがままあります。被害者のご家族にも多大なご迷惑をおかけしたことを詫びる気持ちを「形」で示すためにも、詫び状は不可欠です。, 派手であったり、華美な装飾品をつけていたりすると「高い示談金を請求できるのでは」と認識される可能性もあります。, 大事なことは、被害者の気持ちをまず考えることです。被害者の方が自分の身なりを見てどう思うのかを考え、服装選びにも、細かい身だしなみにも気を配り、「謝罪」の気持ちを伝えるようにしましょう。, 事故直後は手術中で面会できないかもしれません。しかし、だからといって病院を訪問せず、担当の医師や看護師に顔見せもしないというのは、誠意に欠ける態度です。足を運んだという事実を残しましょう。, その後も、できれば毎日お見舞いに行くべきですが、どうしても事情があって難しい場合は、効果的なタイミングで改めてお見舞いに行きましょう。, 面会を重ね、被害者の方から「あなたも仕事があるでしょうから……」などの言葉をもらえたら、加害者の誠意は伝わっていると考えて良いでしょう。, お見舞いには、「何回行けばいい」といった回数の相場の決まりもありません。謝罪の気持ちが伝わるよう誠意をもって対応することが肝心です。, 被害者本人や被害者家族にお見舞いを断られることもあります。お見舞いを断られた場合には、前述したように詫び状を第三者に届けてもらい、できるだけ粘り強く謝罪する姿勢を示しましょう。, 被害者に面会を断られた場合の謝罪方法については、次の関連記事を、是非ご一読ください。, まず、被害者と面会ができたら、謝罪の気持ちを率直に伝えましょう。その後、持参した菓子折りを渡し、事故で負った怪我についての気遣いを示します。, お見舞いの際には、くれぐれも謝意を示すだけで、損害賠償については、一切口にしないことです。もし、被害者に聞かれたら、保険会社が対応しているが、誠意をもってあたることを伝えましょう。, 以上、交通事故の加害者がお見舞いをする時に守るべき鉄則を紹介しました。 最後にもう一度まとめると、交通事故の加害者がお見舞い時に守るべき鉄則は6つです。, 詳細は個々の事情によって異なりますが、加害者の方は、被害者の方が軽傷であっても心から申し訳ないという気持ちと誠意をしっかり伝えましょう。, 本稿では、人身事故を起こした場合(特に軽い追突事故を起こして、相手が「むちうち症状」などを訴えている場合)の、謝罪文…, 交通事故で、解決が長引く要因の一つに、「被害者が会ってくれない」、「電話に出ない」、「連絡がとれない」という状況があ…, 人身事故では謝罪が重要です。謝罪しなかったことで、示談がこじれる、人身事故の刑事責任について不利益が発生するといった…, むち打ちの治療、通院期間、治療打ち切り、後遺障害認定、慰謝料相場に関して分かりやすく解説します。.