ささやかな快楽を求め、思わず“偽証”をしてしまった男。その真実が明らかになる時、家族も仕事も失う恐怖から逃れようと、男はある決断をする。だが、その前に妻が夫に下した非情な審判とは? 【原作】松本清張「黒い画集~証言~」 【脚本】朝原雄三、石川勝己 【音楽】沢田完 勝村政信. 松本清張氏、1909年生まれ。松本清張生誕百周年記念で盛大に清張ブームが巻き起こったのもつい最近の気がする。既に古典の域に達しているはずなのに、今読んでも面白さは古びていないのがさすが。, もしかして清張氏の作品は「砂の器」や「霧の旗」などの社会的作品が主流と思っている人もいるかもしれない。, もちろん、それらの作品も素晴らしいけど、わたしが好きなのは清張氏が描く「女たち」。悪い女、かっこいい女、美しい女。浅はかだったり、ずる賢かったり、執念深かったり。イロイロな女性が、あるときは男に騙されて、あるときは男に手玉にとられて、自分でも想像のつかなかった人生を歩んでいく。どちらかと言えば、男は刺身のつまみたいなもの。夜の世界も、社会の暗部も知り抜いているだろう清張氏だから書ける女たち。, 今回は、その中でドラマ化/映画化されたオススメ作品を紹介したい。清張作品を演じられたら、女優も一流と言われている。, 清張ドラマで一皮むけた女優や、ブレイクを果たした女優や、その地位を不動にした女優たちの演技に注目してもらいたい。, 言うまでもなく原作本も面白いので、本とドラマ/映画の違いをチェックするのも楽しみ方の一つ。, 7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させるのに成功する。, 次に彼女は、医大専門予備校の理事長橋田を利用するため、その誘いに応じるが……。夜の紳士たちを獲物に、彼女の欲望はさらにひろがってゆく。 (出典:amazon内容紹介), 清張ドラマの女性で一番有名なのは、この原口元子ではないだろうか。だましの手口としては、こんなことで横領できるか!と平成の現在では全くリアルではない。そんなことよりも、一銀行員だった地味な女性が、銀座のママへとのしあがるさまが、成り上がりドラマとして世の女性の共感を呼ぶ。今までに元子を演じた女優はそうそうたるメンバーだ。, 1982年版:山本陽子 1984年版:大谷直子 1996年版:浅野ゆう子 2004年版:米倉涼子, ご存じのとおり、「黒革の手帳」は、米倉涼子がその魅力を最大限に活かした代表作と言ってよい。銀座の女性の高級感のある華やかさと色気が出せる女優は、思ったよりも少ない。ものすごくカワイイのに、なぜかそれなりのスタイルをさせてもキャバクラ嬢がぴたりとハマらない女優と同じことかも。和服姿のママが一番似合うのはダントツに1982年版の山本陽子。, でも、この作品の魅力の元はタイトル。サイトを作っていてタイトルの難しさにいつも悩む。松本清張はタイトル付けの天才で、「黒革の手帳」と聞くだけで、何?何?と読者の興味を引く。, 雨の港で海中へ転落した車。妻は助かり、夫は死んだ――。妻の名は鬼塚球磨子(おにづかくまこ)。彼女の生い立ち、前科、夫にかかっていた高額な生命保険について、稀代の悪女「鬼クマ」と断定しセンセーショナルに書き立てる記者と、孤軍奮闘する国選弁護人の闘い。, 「疑惑」の主人公、鬼クマも今までいろんな女優が演じている。この強烈なキャラを演じるには、それを圧倒する個性と演技力が必要だ。最初に映画化されたときの桃井かおりの演技がすごすぎて、それ以後の女優たちは苦戦したが、最新版の尾野真千子は圧巻の演技をみせた。, 1982年版映画:桃井かおり 1992年版ドラマ:いしだあゆみ 2003年版ドラマ:余貴美子 2009年版:沢口靖子 2012年版:尾野真千子, 夜、雨の中を夫とドライブしているとき、ふと思い出すのが「疑惑」の中の1シーン。ネタバレになるので詳細は省略。現代でも十分にありそうな話で、「黒い家」と並んで保険金詐欺を扱ったミステリーの2大名作の1つに挙げたい。, 割烹旅館で働く31歳の成沢民子は、脳軟化症で回復の見込みのない夫・寛次に縛られた暮しを若さの空費と考えていた。彼女は赤坂のホテル支配人・小滝にそそのかされ夫を焼殺し、行方を絶つ。, 直感で民子を疑った刑事・久恒はその行方を追ううち、民子への欲望をつのらせ、政財界の黒幕・鬼頭の女になっていることを突き止める。人倫の道を踏み外したものがたどる〈けものみち〉とは。 (出典:amazon内容紹介), 最初に読んだとき、あまりに大人な小説でクラクラした。仲居だった民子が、政財界の黒幕で身体の自由のきかない老人の愛人となって共に暮らす、という設定から想像されるようにドロドロ感がすごい。, 民子は、後の愛人になる男にそそのかされて、病気で寝たきりの夫を焼き殺す。そこから、山野で人間ではなくケモノが通る道、つまり、けものみちを歩く人生へと転落していく。でも、一方で、けものみちに一歩踏み出すことに憧れる女性も多いはず。自分には絶対に起こり得ないシチュエーションだからこそ、今までに何度もドラマ化されて人気となっている。, 前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。, ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として処理されていた夫の姓は曾根であった! ホームドラマチャンネル×映画・チャンネルNECOの共同企画として、8月に没後25年を迎える、松本清張の原作ドラマ、珠玉の30作品を7月・8月に一挙放送! 木下ほうか. 松本清張・社会派サスペンスの代表的作品をドラマ化。nhk総合で1982年に放送されたドラマ『けものみち』のアンコール放送が決定。bsプレミアムで11月7日、8日に放送されます。主演は名取裕子。脚本はジェームス三木 吹越満. 岡田浩暉. 視聴方法. 公開日 : 2月 23, 2017 / 更新日 : 5月 11, 2020. 山田高道. ドラマや映画で松本清張の名をご存知の方も多いのではないでしょうか。今回は、翻訳本が出るほど人気の芥川賞作家である松本清張おすすめ作品と、選び方をご紹介。ドラマや映画化されていない中にも、おもしろい作品が多数あります。これを読めば、人気の理由がわかるかも? Contents. 松本清張・社会派サスペンスの代表的作品「けものみち」のドラマ化。 【原作】松本清張 【脚本】ジェームス三木 【音楽】 ムソログスキー 「禿山の一夜、展覧会の絵」より 【初回放送】1982年1月9日から1月23日 総合 土曜ドラマにて 市原悦子による朗読cdが、2003年に新潮社より発売さ … 松本清張のミステリー大作を片平なぎさ主演でドラマ化。 もっと検索. よろしければポチっとお願いします! 石野貞一郎:渡瀬恒彦 岩佐真悠子. 山本龍二. ドラマや映画で松本清張の名をご存知の方も多いのではないでしょうか。今回は、翻訳本が出るほど人気の芥川賞作家である松本清張おすすめ作品と、選び方をご紹介。ドラマや映画化されていない中にも、おもしろい作品が多数あります。これを読めば、人気の理由がわかるかも?, 松本清張氏は、1909年12月21日に生まれました。(2月12日との説もあり)出生地は福岡県小倉との説と広島県広島市だとの2説あります。芥川賞をはじめ菊池寛賞や吉川英治賞など数々の賞を受賞。作品は推理小説だけでなく、時代・歴史小説、評伝など幅広いジャンルに及んでいます。, 松本清張氏は昭和を代表するベストセラー作家です。1976年、毎日新聞社主催の全国読書世論調査の人気「好きな著者」の第一位に選ばれました。亡くなるまで8回も第一位の人気を博したのです。著名な作家たちとの交流があり、売れっ子作家である森村誠一や宮部みゆきに影響を与えました。, 大人気作家の松本清張氏ですが、父が通行人相手に餅を売る仕事を皮切りに転々と仕事を変えたので、貧しさの中で育ちました。教育も尋常小学校までしか受けていなくて、最初の仕事は掃除やお茶くみなどをする給仕でした。, 読書が好きな松本清張氏が15歳くらいの時に特に好きだった作家は、芥川龍之介だと言われています。印刷所で働いている27歳の時に結婚。版下画工として朝日新聞社に就職しました。戦時中は衛星兵になり、衛生上等兵で終戦を迎えました。, 松本清張氏は、もともとは作家志望ではなかったのです。生活のために書いた小説が第25回直木賞候補となり、『或る「小倉日記」伝』が第28回芥川賞を受賞したのです。1956年に朝日新聞社を退社し、作家活動に専念しました。1992年82歳で亡くなるまで、多くの作品を執筆しました。, 松本清張氏は短編小説を特に好んで執筆していました。その作品ではとりわけ、「何らかの意味で劣等感を抱いたり、社会的に孤立したりしながら、心の底では世の中を見返してやりたいという熱烈な現世欲を抱き、そのためにかえって破滅するような孤独で偏執的な人間像」が好んで取り上げられています。特殊な人を描くのではなく自分の身の回りによくいる人を素直に描くのが上手い作家です。読んだ後は自分の松本清張氏の作品に出てきた人と自分の周りの人を重ねて見てしまうかもしれません。, なぜ彼の作品はこんなに長い間人々を魅了し続けるのでしょうか。それは彼の作品の根底にあるものが変わらない人間の欲望に基づいたいつの時代にも普遍的な社会問題をとりあげているからでしょう。だからこそ時代をこえても人々の共感を得るのだと思います。また恋愛小説もありますが下品ではなく格調高く描かれていることも幅広い年齢層から受け入れられている理由でもあります。, 松本清張は、1冊読むとまた別の作品を読みたくなる作家です。何から読んだらいいかわからない方にジャンル別と年代別で、作品を紹介していきます。, 直木賞の候補となり、後に芥川賞を受賞した松本清張氏の『或る「小倉日記」伝』は、ジャンルとしては評伝的小説になります。松本清張作品をジャンル別で見てみましょう。, 松本清張氏は、推理小説を多数執筆しています。1955年から推理小説を書き始め、最初の作品は『張り込み』でした。1957年に執筆した短編集『顔』で、早くも日本探偵作家クラブ賞を、受賞しました。清張ファンなら必ず読んでいるであろう『点と線』、翌年執筆した『眼の壁』とともにベストセラーになったのです。, 1952年に芥川賞を受賞しながらも、書いた作品を発表する場に苦労していた松本清張氏にとって嬉しいできごとですね。『点と線』、『眼の壁』の両作品は映画化されています。昨今でも『黒皮の手帳』がテレビドラマ化されていました。松本清張氏の作品は、長期にわたって映画化やテレビドラマ化されているのです。, あまり知られていないかもしれませんが、松本清張氏は、時代小説もたくさん執筆しています。推理小説より、時代小説を早く手がけていました。時代小説の中で人気のある『西郷札』は、松本清張氏の時代小説の第一作目です。, 松本清張氏は、朝日新聞社在職中歴史書を雑読し、考古学・民俗学の権威だった樋口清之氏の考古学入門書を愛読していたそうです。小説を書くのに、細部まで研究・調査をしていた松本清張氏らしいエピソードでしょう。, 有名な作品としては、『いびき』や大作の『かげろう絵図』、『無宿人別帳』などがあげられます。, 評伝的小説の第一作目は、『或る「小倉日記」伝』です。このジャンルの作品は、多くありません。『小説東京帝国大学』、西南戦争後の日本の動乱を描いた『象徴の設計』などが挙げられます。, 『砂の審廷・東京裁判』は、第二次世界大戦後民間で唯一A級戦犯とされた大川周明に焦点をあてて執筆されたものです。大川周明の獄中日記や実際の裁判での検事の訊問調書等の資料に基づき、東京裁判の異なる側面が描かれています。, その他にも、『小説東京帝銀事件』があります。昭和23年に東京椎名町の帝国銀行で起きた銀行員大量毒殺と強盗事件を扱ったものです。この事件の犯人とされる平沢貞通は冤罪だと小説の中で松本清張氏は、主張しています。, 松本清張氏は、ノンフィクション部門でも精力的に仕事をしています。古代史と現代史について、独自の推論をたて論じています。莫大な資料を読み考えることを苦とはせず、歴史を推理することに楽しさを感じていたようです。, 古代史では邪馬台国の所在地と卑弥呼に関して書かれた『古代史疑』があります。この本をめぐって、当時の名だたる歴史学者や考古学者が論議した貴重なシンポジウムが収録された本があります。歴史の好きな方にはおすすめです。, 第二次世界大戦の終戦から7年間、日本で起こった10の事件を推理し論じた『日本の黒い霧』は、大きな話題となりました。本の題名からとった「黒い霧」との言葉は、当時の流行語となっています。, 松本清張氏の作品は多ジャンルに及んでいますが、創作の中心は小説でした。直木賞の選考委員を第45回から82回まで勤め、多くの作家と親交がありました。絶筆となった作品があるほど、亡くなるまで書き続けていた松本清張氏の作品を年代別に見ていきましょう。, 前記でもふれましたが、1951年に書いた処女作が『西郷札』でした。『西郷札』は、直木賞候補になりました。翌年の1952年に発表した「或る『小倉日記』伝」がまたもや直木賞候補になり、1953年には同じ作品で芥川賞を受賞。, 1956年には勤務していた朝日新聞社を退職し、本格的に作家としての生活をスタートさせます。1950年代は、ノンフィクション以外多ジャンルで執筆しています。推理小説では、清張作品では人気の高い『0の焦点』『点と線』『顔を』が発刊されています。, 推理小説はいずれもベストセラーになり、「清張以前」「清張以後」との言葉が出るほど大人気でした。時代小説では、『無宿人別帳』『かげろ絵図』。評伝的小説では、『小説日本芸譚』が書かれています。, 松本清張氏は、生涯にわたってたくさんの小説を世の中に送り出しています。この年代の推理小説では、『黒の画集』『砂の器』等を発表。1963年には江戸川乱歩の後を受け継ぎ、日本推理作家協会の理事長になりました。1971年からは4年間、同協会の会長を務めています。, 1960年代からはノンフィクションを書き始めます。『日本の黒い霧』を文芸春秋に連載し、大きな反響を呼びました。ノンフィクションが皆に受け入れていない時代、松本清張氏の『日本の黒い霧』がノンフィクションを多くの人に読ませるきっかけとなりました。, 1964年から週刊誌に連載してきた『昭和史発掘』は、1971年に終了しました。『花水』『逃亡』と合わせて、第1回吉川英治賞を受賞しています。この頃には、松本清張氏の単行本発行部数は300万部達成。, 1970年代以降は歴史への関心がさらに高まり、大作となった『西海道談綺』や奈良時代をテーマにした歴史小説『眩人』を執筆しました。古代史としては『清張通史』を書いています。推理小説では、『黒の図室』『黒の線刻画』等が執筆されています。, 世界的に著名な推理作家であるエラリークイーンを雑誌社と共同で招待したのも、1970年代の事です。また、映画監督の野村芳太郎らと共に、テレビや映画の製作をするために「霧プロダクション」を設立しました。, 松本清張氏は1968年ベトナムを訪問して以来、海外に出かけることが多くなりました。ヨーロッパ旅行で発生する連続殺人事件を書いた『黒の回廊』は、海外トラベルミステリーとなっています。, その他にも、ヨーロッパへ旅行した経験を活かした『霧の会議』『赤い氷河期』等を発表しました。日本推理作家協会をしていた松本清張氏は、アメリカの推理作家であるE・Sガードナーを招待し、他の推理作家と一緒に食事会を開きました。, 出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com, 1992年8月4日、松本清張氏は82歳で肝臓がんのために亡くなりました。晩年には、『江戸綺談 甲州霊嶽党』を執筆していました。晩年になっても、執筆に対する情熱は燃え続けていたのです。, 他界する前の小説の構想として残っているのは2点です。織田信長が行った比叡山延暦寺焼き討ち事件を、延暦寺側からの視点で書こうとしていました。1992年の春から取材をスタートさせていたのです。, もう一点は、グルノーブルの原子力発電所にまつわる長編の推理小説の構想です。初夏に小説の舞台となるヨーロッパへ出かける予定だったと言われています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51fBwF1g87L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-410110946x%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-410110946x%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410110946X?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=410110946X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-410110946x.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 表題作の『共犯者』は、完全犯罪を犯した後に着目して描かれたお話。奪ったお金で事業を成功させた男は、だんだんと罪を自覚して恐れるようになります。そこで、過去に共犯した仲間の今を監視しようとする。主人公の崩れていく人生を見ることが出来ます。, 他にもスリリング要素の強い作品が全部で10編収録されています。初めて松本清張作品を手に取る方におすすめです。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"400ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51O6gZSbW4L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4167697289%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4167697289%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167697289?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167697289"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167697289.html"}], 戦後の歴史への向き合い方が描かれています。戦争末期の時時代が舞台になっており、松本清張らしさ満点の推理小説です。文章から昭和の雰囲気を感じることができ、真相まで近づいていく展開に目が離せません。, [{"key":"出版社","value":"文藝春秋"},{"key":"ページ数","value":"331ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41XlsMbPe1L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F138497%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F138497%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109176?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109176"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109176.html"}], 銀行が舞台になった詐欺事件が題材の作品。松本清張の社会派ミステリー作品が読みたい方におすすめの1冊。複雑かつ闇が多い現代社会に揉まれる普通の会社員が奮闘する様と、ハラハラドキドキする展開が待ち受けています。, この作品は映画化もされているので、先にそちらを観るのもおすすめです。スリルと驚きを体感したい方はぜひ読んでみてください。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"528ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MXW5KGFGL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109036?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109036"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fzerothree%2F8m4101109036w7.html"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101109036%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101109036%2F"}], 『黒地の絵』は、朝鮮戦争中に起きた米軍の集団脱走事件の基地を舞台に描かれた、甚だしさをまとう復讐劇です。固唾を飲むほどの展開で、のめりこんでしまうこと間違いなしの作品。松本清張は長編だけでなく短編も傑作ぞろいで、特に素晴らしい短編が集められた作品集です。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"512ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/418DV4BE98L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109079%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109079%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109079?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109079"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109079.html"}], 表題作である『駅路』はテレビドラマ化されるほど有名なお話で、それを含めた全10編が収録された短編集です。『駅路』のあらすじとしては、平凡な人生を歩んできた男が終点前の駅であることを思いつき失踪した話です。, 人生の厚みをたっぷりと垣間見ることが出来る推理小説が収録された短編集になっています。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"416ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61DGF4CWHTL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1738818%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1738818%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167106973?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167106973"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167106973.html"}], 第二次世界大戦終戦直後の日本で起きた10の怪事件。よく知られているのは、帝国銀行での銀行員の大量毒殺と強盗の『帝銀事件』と、国鉄の総裁が疾走し轢死体で発見された『下山事件』です。, 松本清張氏は、事件の背景には戦後日本を支配していたGHQが暗躍があったとの独自の推論を立てました。多くの資料をもとに当時の日本人には明かされていない真相に迫ったノンフィクションが、『日本の黒い霧』です。, 昭和の歴史の一端をくわしく知ることができるだけでなく、推理小説のようなおもしろさもあります。, [{"key":"出版社","value":"文芸春秋"},{"key":"ページ数","value":"413ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/518JASYkF8L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4334745636%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4334745636%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334745636?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334745636"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fglobal-japanwebstore%2Fgm4334745636fp.html 画像URL:https://item-"}], この『鬼畜』は、映画化されています。実際にあった話に基づいて書かれたものです。一言で言うと、夫とその愛人の子を夫婦で殺してしまおうという話。印刷屋の主人は、商売が軌道にのったので、愛人を持ち3人の子の父親になりました。, 商売がうまくいかなくなり養育費が未払いに。愛人は、印刷屋に乗り込み子供を置いていってしまうのです。愛人との3人の子を押し付けられた妻の憎悪は激しいものでした。夫婦で子ども達を亡き者にしようといろいろと仕掛けるのでした。, 現代でも、子供を虐待したり育児放棄して餓死させてしまったり、痛ましい事件は後を絶ちません。そんな親たちを松本清張氏は「鬼畜」と呼びます。, [{"key":"出版社","value":" 光文社"},{"key":"ページ数","value":"295ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41e8XghUFSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4124033338%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmottainaihonpo-omatome%2F4124033338%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4124033338?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4124033338"}], 『黒い画集』、短編小説を得意としていた松本清張氏の短編集です。1集から3集まであります。1995年に中央公論社で発行された『黒い画集』の選者は、作家の阿刀田高氏です。松本清張氏の大ファンであった阿刀田隆氏が選者なのですから、選りすぐりのおもしろさでしょう。, 紐・証言・寒流・坂道の家・失踪・草・凶器・濁った瞳が入っています。その他の作品で人気があるのは「遭難」と「天城越え」です。遭難は、前半に遭難事故の手記と言う形式で書かれ、後半はサスペンス仕立てになっています。, 「天城越え」は映画でご存知の人も多いでしょう。家出を決行した少年と娼婦がふとしたことから、一緒に天城峠を超えます。その時起きた殺人事件と、その殺人事件を追う老刑事の物語です。「紐」や「草」はテレビドラマ化されています。, [{"key":"出版社","value":"中央公論社"},{"key":"ページ数","value":" 434ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61AGQ1SYQ8L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4101109044%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4101109044%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109044?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109044"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109044.html"}], 直木賞候補になった松本清張氏の処女作『西郷札』と時代小説の短編が11編収められています。『西郷札』は、西南戦争の際に西郷隆盛率いる薩軍が、軍の活動費を集めるために発行した軍票の事です。, この小説の主人公は、元薩軍の兵士です。宮崎から脱出した主人公を待っていたのは、父の死と実家の消失、妹の行方不明でした。東京で車夫のなった主人公は、西郷札を回収して政府に買い取らせ大金を得ようとする企みに携わります。, 風評に踊らされた哀れな主人公とその周囲の人たちを、松本清張氏は調べ上げた史実を織り交ぜながら、描いています。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"480ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51QQBRGAW1L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F137595%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F137595%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109060?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109060"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109060.html"}], 松本清張氏の初期の作品は、短編集が多いとされています。その中でも表題の『張り込み』をはじめ、『一年半待て』や『カルネアデスの舟板』など、全8編はおもしろい作品ばかりです。, 『張り込み』は1955年に書かれたものです。あらすじは、警視庁の柚木刑事は、強盗殺人犯の主犯である石井を追って九州のS市に向います。S市には石井の昔の恋人のさだ子が嫁いでいるからです。さだ子の嫁ぎ先の近くの旅館に張り込み、いつ現れるかわからない犯人石井を待つのでした。, 平凡な日常を送っているさだ子に降りかかる過去の恋人がもたらす危機。張り込みを続ける刑事のさだ子への人情味のある計らいなどが、短い小説の中に描かれています。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"464ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61FKVXEzM8L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4101109028%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4101109028%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109028?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109028"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109028.html"}], この『或る「小倉日記」伝』は、1953年の直木賞では候補でした。しかし、のちに第28回芥川賞を受賞したのです。この時の芥川賞選考委員には、川端康成、佐藤春夫、石川達三ら著名な作家が名を連ねています。, 『或る「小倉日記」伝』の主人公耕作は神経障害で片足が麻痺し、きちんとしゃべれないためにひどい差別を受けます。母や、鴎外の弟、文士たちの励ましを支えとして、耕作は森鴎外が小倉に3年間在住していた時の日記の行方を探すのです。, 当時の鴎外を知る人を訪ね歩き、苦労して集めた資料で小倉日記の再現が完成という時に、耕作は病に倒れ亡くなってしまうのでした。松本清張氏は耕作には実際には会ったことはありませんが、耕作は実在の人物です。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"496ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/518O5CAV7CL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109532%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109532%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109532?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109532"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109532.html"}], 何回かテレビドラマ化されている作品です。ここ数年では、米倉涼子さんや武井咲さんが主役を演じていました。ベテラン銀行員の原口元子が、銀行の横領金を元手にして銀座のクラブのママに転身。元子の切り札は、銀行の架空口座を持つ人達のリストと預金額が書かれた黒革の手帳。, 自分の野望をかなえるために、産婦人科の病院の院長や予備校の理事長から恐喝して大金を出させます。銀座の一流店のママでは満足せず、最高峰のお店を手にしようと企みます。ラストは、利用してだました人達から手ひどい報復を受け、原口元子が何もかも失ってしまう様子が描かれています。, はらはらドキドキさせられる小説です。調査やたくさんの資料を基に小説を書くと言われている松本清張氏は、悪い女性を書くためにどんな調査をしたのでしょうか。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":" 384ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51BWvpkeCnL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101109168%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101109168%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109168?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109168"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101109168.html"}], 多くの作品を世に送り出した松本清張氏の最高傑作の一つが、『ゼロの焦点』です。1958年に雑誌『太陽』に連載されました。この本を読んでミステリーが好きになった人もいるのではないでしょうか。, 新婚の板根禎子は、仕事の引継ぎに行くと出かけたきり帰らない夫を探しに金沢に向います。夫の仕事の後任者である本田の協力を得ながら、夫の足取りを追う板根禎子は、夫の驚くべき過去を知ることになるのです。, 真相を探る垣根禎子は、関係者の死に何度も遭遇することになります。結局、夫は誰にも知られたくない過去を持つ佐知子にだまされて、崖から突き落とされたことがわかるのでした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51YugbJygVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109184%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109184%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109184?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109184"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109184.html"}], 松本清張氏の作品の中で、『点と線』はぜひ読んでほしいおすすめの1冊です。社会派ミステリーの先駆けとなったのが本書。いくつかのアリバイトリックがあったり、登場人物が生き生きと描かれていたりして、一気に読んでしまうおもしろさがあります。, 北九州の海岸で起きた心中事件。その解決に行動派の若手刑事と推論を重ねるベテラン刑事が当たります。背景には汚職事件と冷徹な女性の企みがありました。列車を使った完璧なアリバイをどう崩していくかは見ものです。, 1950年代に書かれたこの作品を今読んでもおもしろく感じられるところに、松本清張氏の作家としての類を見ない力量があります。, [{"key":"出版社","value":"新潮社"},{"key":"ページ数","value":"272ページ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61R6V3tCAPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109249%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109249%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101109249?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101109249"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101109249.html"}], 松本清張氏の『砂の器』は、ご存知の方が多いでしょう。松本清張氏は、82歳の生涯でたくさんの作品を残していますが、心に残る1冊を選ぶとしたら『砂の器』ではないでしょうか。不幸な生い立ちから抜け出し、やっと名声をつかんだ新鋭芸術家の宿命の重さを感じさせられます。, 東京・蒲田の国鉄の操車場で男性の遺体が発見されたところから、小説は始まります。警視庁のベテランと若手の刑事がタックを組み、「カメダは今もあいかわらずでしょうね」との犯人の言葉を手掛かりに、犯人を捜します。, 犯人は、新鋭芸術家の和賀です。遺体の男は昔巡査で、ハンセン病の父と子供を保護したことがありました。その子が和賀で、自分の忌まわしい過去が巡査によっては広まるのを恐れ、元巡査らを殺害してしまうのです。, 松本清張のたくさんの作品がドラマ化や映画化されています。その中でも、最高傑作ともいえる作品をご紹介します。, ランキングの第4位でもご紹介した、『黒革の手帳』です。何度もテレビドラマ化されており、人気ぶりがうかがえます。女性の成り上がる様が描かれており、特に女性からの支持が強いです。, 松本清張の映像化作品が気になる方は、ドラマと原作をあわせてチェックしてみてください。, 【70年以上のベストセラー】太宰治の小説おすすめランキング10選|おすすめexcite, 【小説の神様】おすすめの志賀直哉作品の選び方&人気ランキング10選|おすすめexcite, 松本清張氏の作品と生涯について紹介致しました。清張ファンの方々は、「あの作品がランキングに入っていないのはおかしい」と思われるかもしれませんね。それほどおもしろい松本清張氏の作品を、まだ読んでいない方はこの機会にぜひ読んでみてください。.