ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリオ州トロント出身のプロレスラー。 フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチス・ギミックの冷酷なドイツ人ヒールとして悪名を轟か … ワルドー・フォン・エリックという人もいました。 30 : 名無しさん@1周年 :2000/06/23(金) 01:16 ケビン・ケリー(ネイルズ)ってのもいたな。 ワルドー・フォン・エリック. 第4代王者 : ワルドー・フォン・エリック. 来歴. ワルドー・フォン・エリックさんがもしご存命だったら、今、何歳になっているでしょう。1933年生まれ、没後11年経過しています。 生 きてたら 何歳? 人物の研究、人生の発見. 同団体所属同士での初のタイトル移動(転落)。 グレート小鹿 大熊元司に続く「旧日プロ最終残留」と「全日本生え抜き」によるコンビ。 ちなみに奪取の日には大木金太郎とワルドー・フォン・エリックのアジアヘビー級王座決定戦も行われており、珍しいアジア二冠同時開催となっている。 第2代王者 : ワルドー・フォン・エリック. 2021/01/26 - Pinterest で 218 人のユーザーがフォローしている マーク・ザ・ホットスタッフ さんのボード「エリック・ファミリー」を見てみましょう。。「ファミリー, バロワ, 春 ジャケット レディース」のアイデアをもっと見てみましょう。 ワルドー・フォン・エリック WALDO VON ERICH 本名:ウォルター・ポール・ジーバー 1933年10月2日 カナダ・オンタリオ州トロント出身 193cm 120kg タイトル歴:NWF世界ヘビー NWAアメリカンタッグ WWWF・USタッグ ミシシッピ・ヘビー カナダ オンタリオ州 トロント プロレスラー. 全日本プロレス. ワルドー・フォン・エリック (プロシアン・ドロップとも呼ばれた) ディック・マードック(この技の著名な使い手として知られる) ポール・オーンドーフ; エド・ウィスコスキー; 渕正信; 天山広吉; 秋山準(エプロン部でリング下との落差を利用して放つ) この項目は、格闘技および … YMCAにてレスリングのトレーニングを積み、1950年にカルガリーにて17歳でデビュー 。 ワルドー・フォン・ジーバー(Waldo Von Sieber)またはカール・フォン・ジーバー(Karl Von Seiber)の名義でカナダ各地を転戦後にアメリカへ進出し、1950年代後半にフリッツ・フォン・エリックと邂逅。 マイク・デビアス、ワルドー・フォン・エリック組に2-0で勝利する。 5.26: 北海道・札幌中島体育センターにて、吉村道明と組み、ワルドー・フォン・エリック、アイク・アーキンス組に2-1で勝利し、アジアタッグ王座を獲得する。 10.31: 大阪府立体育会館にて、ジャイアント馬 … ギル・ヘイズ; マイク・ベイリー; クリス・ベノワ; ほ. !』P114(2003年、日本スポーツ出版社、監修:, NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic, The matches Waldo Von Erich fought at USA in the year 1963, WWE Specific Arena Results: MSG 1963-1969, The IWE matches fought by Waldo Von Erich in 1968, NWA United States Tag Team Title [Tri-State/Mid-South, JWA 1972 The 3rd Annual NWA Tag Team League, WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979, NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South, NWA Texas Brass Knuckles Title [East Texas, All text is available under the terms of the. ワルドー・フォン・エリック-人気レスラー. 初代王者 : ジョニー・パワーズ ※[ ]内は防衛回数. スポンサーリンク. ワルドー・フォン・エリック WALDO VON ERICH 本名:ウォルター・ポール・ジーバー 1933年10月2日 カナダ・オンタリオ州トロント出身 193cm 120kg タイトル歴:NWF世界ヘビー NWAアメリカンタッグ WWWF・USタッグ ミシシッピ・ヘビー 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 09:48 UTC 版), フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチス・ギミックのドイツ人ヒールとして活躍した[2]。, YMCAにてレスリングのトレーニングを積み、1950年にカルガリーにて17歳でデビュー[3]。ワルドー・フォン・ジーバー(Waldo Von Sieber)またはカール・フォン・ジーバー(Karl Von Seiber)の名義でカナダ各地を転戦後にアメリカへ進出し、1950年代後半にフリッツ・フォン・エリックと邂逅。ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich)と改名してフリッツとの兄弟タッグチームを結成し、1958年10月にミッドアトランティック地区のNWA南部タッグ王座を獲得した[4]。, フリッツとのコンビを一時解消後、1960年代初頭は、ミスターM(Mr. ワルドー・フォン・エリック ワルドー・フォン・シーバー ザ・グレート・ズィム ワイルドマン・ズィム ザ・グリーン・ホーネット ミスター・M: 本名: ウォルター・ポール・シーバー: ニックネーム: 冷血鬼: 身長: 193cm: 体重: 120kg(全盛時) 誕生日: 1933年 10月2日: 死亡日: 2009年 7月5日(満75 ワルドー・フォン・エリック さんは. フリッツ・フォン・エリック(Fritz Von Erich、本名:Jack Barton Adkisson、1929年 8月16日 - 1997年 9月10日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー、プロレスリング・プロモーター。 テキサス州ジュエット出身。 フリッツ・フォン・エリック(Fritz Von Erich、本名:Jack Barton Adkisson、1929年 8月16日 - 1997年 9月10日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー、プロレスリング・プロモーター。 テキサス州ジュエット出身。. 検索. ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリオ州トロント出身のプロレスラー。フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチス・ギミックの冷酷なドイツ人ヒールとして悪名を轟か … 第2代王者 : ワルドー・フォン・エリック. M)、ザ・グレート・ズィム(The Great Zim)、ザ・グリーン・ホーネット(The Green Hornet)、エル・ティグレ(El Tigre)などのリングネームで覆面レスラーに変身したこともある[5]。素顔のワルドー・フォン・エリックに戻っての1963年には、中西部の各地にてウイルバー・スナイダー、カウボーイ・ボブ・エリス、クラッシャー・リソワスキー、ザ・シークらと対戦した[6]。, 1964年、ニューヨークのWWWFに参戦。8月22日、9月21日、10月19日のマディソン・スクエア・ガーデン定期戦において、ブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦した[7]。翌1965年2月4日にはジン・キニスキーと組んでジェリーとルークのグラハム兄弟からUSタッグ王座を奪取[8]。同年8月2日のMSG定期戦では、当時WWWFでベビーフェイスのポジションにいたジョニー・バレンタインと対戦している[7]。, 1966年より、フリッツ・フォン・エリックがテキサス州ダラスにて設立したNWAビッグタイム・レスリングにてフォン・エリック・ブラザーズを再結成。1967年2月21日にアル・コステロ&カール・フォン・ブラウナー、9月11日にブルート・バーナード&マイク・パドーシスを破り、NWAアメリカン・タッグ王座を2度に渡って獲得した[9]。, その間の同年4月、日本プロレスの『第9回ワールドリーグ戦』に「ドイツ代表」として初来日。ザ・デストロイヤーに次ぐ外国人陣営の2番手となって優勝戦線を撹乱した[10]。5月開幕の『アイアンクロー・シリーズ』にも残留出場し、シリーズのエースとして参戦したフリッツとの兄弟タッグを日本でも実現させ、5月23日に大阪府立体育館にて、ジャイアント馬場&吉村道明のインターナショナル・タッグ王座に挑戦している[11]。翌1968年1月には、グレート東郷のブッキングでTBS体制下の国際プロレスに来日、ナチス・ギミックの先達であるハンス・シュミットともタッグを組んだ[12]。, 1960年代末はオーストラリア(ジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征。1969年4月4日、シドニーにおいてマリオ・ミラノと組み、ドン・レオ・ジョナサン&アントニオ・プリエーゼからIWA世界タッグ王座を奪取している[13]。帰米後は1971年3月、中南部のNWAトライステート地区にてカール・フォン・ブラウナーをパートナーに、ビル・ワット&ビリー・レッド・ライオンを下して同地区のUSタッグ王座を獲得した[14]。, 以後、1970年代はシングル・プレイヤーとしての活動に専念し、1971年4月より五大湖エリアのNWFに登場。同年11月20日、オハイオ州クリーブランドにてジョニー・パワーズを破り第2代のNWF世界ヘビー級王者となった(12月8日にドミニク・デヌーチに王座を奪われるが、翌1972年1月5日に奪回。6月9日にアーニー・ラッドに敗れるまでタイトルを保持した)[15]。, 1972年の秋には日本プロレスに再来日し、10月18日に高崎にて坂口征二のUNヘビー級王座に挑戦している[16]。1973年から1974年にかけては再びオーストラリアにて活動、スパイロス・アリオンからNWA豪亜ヘビー級王座を奪取し[17]、タッグではヒロ・トージョーことサムソン・クツワダとの日独戦犯コンビで活躍した[18]。1975年は第2次政権時代のブルーノ・サンマルチノの首を狙い、フレッド・ブラッシーをマネージャーに迎えて久々にWWWFに登場[19]。8月27日にはペンシルベニア州ハンブルクにてアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した[20]。, 1976年9月、NWFでの抗争相手でもあったアブドーラ・ザ・ブッチャーと共に全日本プロレスに来日。9月30日に岩手県営体育館にて、ブッチャーと組んで馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑み、大木金太郎のアジアヘビー級王座にも2回挑戦した。1977年には覆面レスラーのザ・グレート・ズィムとして、NWAトライステート地区にてテッド・デビアスから北米ヘビー級王座を奪取したが、同年3月1日、ディック・マードックに敗れて王座から陥落[21]。これが最後のタイトル戴冠となり、1979年に引退した[5]。, 晩年は地元オンタリオのケンブリッジを拠点とするインディー団体ICWに参画していた[5]。2009年7月5日、オンタリオ州キッチナーの病院にて死去[22]。75歳没。, なお、1980年代後半にダラスのWCCWでワルドーの息子と称するランス・フォン・エリック(ウィリアム・ヴォーン)がフォン・エリック兄弟(ケビン、ケリー)の従兄弟として活動していたが、フリッツとワルドーの兄弟設定と同様にギミック上のフィクションであり、ワルドーやフォン・エリック・ファミリーとの血縁関係はない[23]。, 『世界名レスラー100人伝説! フリッツ・フォン・エリックとワルドー・フォン・エリックです。二人揃って来日したのは昭和42年5月の一度だけ。ワルドーの方はwリーグ戦からの残留で、フリッツの方… 全日本プロレス. ワルドー・フォン・エリック 獲得タイトル ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングnwa南部タッグ王座(ミッドアトランティック版):1回(w / フリッツ・フォン・エリック… 初代王者 : ジョニー・パワーズ ※[ ]内は防衛回数. 第3代王者 : ドミニック・デヌーチ. 第4代王者 : ワルドー・フォン・エリック. わるどー ふぉん えりっく . 1933 - 2009. M)、ザ・グレート・ズィム(The Great Zim)、ザ・グリーン・ホーネット(The Green Hornet)、エル・ティグレ(El Tigre)などのリングネームで覆面レスラーに変身したこともある[5]。素顔のワルドー・フォン・エリックに戻っての1963年には、中西部の各地にてウイルバー・スナイダー、カウボーイ・ボブ・エリス、クラッシャー・リソワスキー、ザ・シークらと対戦した[6]。, 1964年、ニューヨークのWWWFに参戦。8月22日、9月21日、10月19日のマディソン・スクエア・ガーデン定期戦において、ブルーノ・サンマルチノのWWWF世界ヘビー級王座に連続挑戦した[7]。翌1965年2月4日にはジン・キニスキーと組んでジェリーとルークのグラハム兄弟からUSタッグ王座を奪取[8]。同年8月2日のMSG定期戦では、当時WWWFでベビーフェイスのポジションにいたジョニー・バレンタインと対戦している[7]。, 1966年より、フリッツ・フォン・エリックがテキサス州ダラスにて設立したNWAビッグタイム・レスリングにてフォン・エリック・ブラザーズを再結成。1967年2月21日にアル・コステロ&カール・フォン・ブラウナー、9月11日にブルート・バーナード&マイク・パドーシスを破り、NWAアメリカン・タッグ王座を2度に渡って獲得した[9]。, その間の同年4月、日本プロレスの『第9回ワールドリーグ戦』に「ドイツ代表」として初来日。ザ・デストロイヤーに次ぐ外国人陣営の2番手となって優勝戦線を撹乱した[10]。5月開幕の『アイアンクロー・シリーズ』にも残留出場し、シリーズのエースとして参戦したフリッツとの兄弟タッグを日本でも実現させ、5月23日に大阪府立体育館にて、ジャイアント馬場&吉村道明のインターナショナル・タッグ王座に挑戦している[11]。翌1968年1月には、グレート東郷のブッキングでTBS体制下の国際プロレスに来日、ナチス・ギミックの先達であるハンス・シュミットともタッグを組んだ[12]。, 1960年代末はオーストラリア(ジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征。1969年4月4日、シドニーにおいてマリオ・ミラノと組み、ドン・レオ・ジョナサン&アントニオ・プリエーゼからIWA世界タッグ王座を奪取している[13]。帰米後は1971年3月、中南部のNWAトライステート地区にてカール・フォン・ブラウナーをパートナーに、ビル・ワット&ビリー・レッド・ライオンを下して同地区のUSタッグ王座を獲得した[14]。, 以後、1970年代はシングル・プレイヤーとしての活動に専念し、1971年4月より五大湖エリアのNWFに登場。同年11月20日、オハイオ州クリーブランドにてジョニー・パワーズを破り第2代のNWF世界ヘビー級王者となった(12月8日にドミニク・デヌーチに王座を奪われるが、翌1972年1月5日に奪回。6月9日にアーニー・ラッドに敗れるまでタイトルを保持した)[15]。, 1972年の秋には日本プロレスに再来日し、10月18日に高崎にて坂口征二のUNヘビー級王座に挑戦している[16]。1973年から1974年にかけては再びオーストラリアにて活動、スパイロス・アリオンからNWA豪亜ヘビー級王座を奪取し[17]、タッグではヒロ・トージョーことサムソン・クツワダとの日独戦犯コンビで活躍した[18]。1975年は第2次政権時代のブルーノ・サンマルチノの首を狙い、フレッド・ブラッシーをマネージャーに迎えて久々にWWWFに登場[19]。8月27日にはペンシルベニア州ハンブルクにてアンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦した[20]。, 1976年9月、NWFでの抗争相手でもあったアブドーラ・ザ・ブッチャーと共に全日本プロレスに来日。9月30日に岩手県営体育館にて、ブッチャーと組んで馬場&ジャンボ鶴田のインターナショナル・タッグ王座に挑み、大木金太郎のアジアヘビー級王座にも2回挑戦した。1977年には覆面レスラーのザ・グレート・ズィムとして、NWAトライステート地区にてテッド・デビアスから北米ヘビー級王座を奪取したが、同年3月1日、ディック・マードックに敗れて王座から陥落[21]。これが最後のタイトル戴冠となり、1979年に引退した[5]。, 晩年は地元オンタリオのケンブリッジを拠点とするインディー団体ICWに参画していた[5]。2009年7月5日、オンタリオ州キッチナーの病院にて死去[22]。75歳没。, なお、1980年代後半にダラスのWCCWでワルドーの息子と称するランス・フォン・エリック(ウィリアム・ヴォーン)がフォン・エリック兄弟(ケビン、ケリー)の従兄弟として活動していたが、フリッツとワルドーの兄弟設定と同様にギミック上のフィクションであり、ワルドーやフォン・エリック・ファミリーとの血縁関係はない[23]。, ワルドー・フォン・エリックのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 『世界名レスラー100人伝説! セーラー・ホワイト; ジル・ポワソン; リュック・ポ… 2021/01/26 - Pinterest で 218 人のユーザーがフォローしている マーク・ザ・ホットスタッフ さんのボード「エリック・ファミリー」を見てみましょう。。「ファミリー, バロワ, 春 ジャケット レディース」のアイデアをもっと見てみましょう。 !』P114(2003年、日本スポーツ出版社、監修:, NWA Southern Tag Team Title [Mid-Atlantic, The matches Waldo Von Erich fought at USA in the year 1963, WWE Specific Arena Results: MSG 1963-1969, The IWE matches fought by Waldo Von Erich in 1968, NWA United States Tag Team Title [Tri-State/Mid-South, JWA 1972 The 3rd Annual NWA Tag Team League, WWE Specific Arena Results: MSG 1970-1979, NWA North American Heavyweight Title [Tri-State/Mid-South, NWA Texas Brass Knuckles Title [East Texas, NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / カール・フォン・ブラウナー). カナダ オンタリオ州 トロント プロレスラー. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 西暦 年 月 日生まれ 検索. ワルドー・フォン・エリック ワルドー・フォン・シーバー ザ・グレート・ズィム ワイルドマン・ズィム ザ・グリーン・ホーネット ミスター・M: 本名: ウォルター・ポール・シーバー: ニックネーム: 冷血鬼: 身長: 193cm: 体重: 120kg(全盛時) 誕生日: 1933年 10月2日: 死亡日: 2009年 … 人気アーティストやアイドル、スポーツ選手など17,000人以上の芸能人・有名人ブログを読めるのはAmebaだけ。Amebaに無料登録して、ブログを書いたりピグで遊んでみよう! ワルドー・フォン・エリックを英語で訳すと Waldo Von Erichワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリ... - 約1171万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 ワルドー・フォン・エリックさんの動物キャラクターは華やかなこじかです!有名人の個性、性格がすぐわかります。ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリオ州トロント出身のプロレスラー。本名はウォルター・ポール・シーバー(Walter … フリッツ・フォン・エリックとワルドー・フォン・エリックです。二人揃って来日したのは昭和42年5月の一度だけ。ワルドーの方はwリーグ戦からの残留で、フリッツの方… 同団体所属同士での初のタイトル移動(転落)。 グレート小鹿 大熊元司に続く「旧日プロ最終残留」と「全日本生え抜き」によるコンビ。 ちなみに奪取の日には大木金太郎とワルドー・フォン・エリックのアジアヘビー級王座決定戦も行われており、珍しいアジア二冠同時開催と … ワルドー・フォン・エリック; カール・フォン・ショッツ ; カール・フォン・スタイガー; クルト・フォン・ヘス; ボブ・ブラウン (プロレスラー) ディノ・ブラボー; ジノ・ブリット; へ. vs ワルドー・フォン・エリック &フリッツ・フォン・ゲーリング 坂口征二 vs ジョー・ハミルトン 1972.10.20 放送(生) 第3回NWAタッグリーグ戦(日本プロレス) 1972.10.20 後楽園ホール 吉村道明&星野勘太郎 vs ラリー&ジョー・ハミルトン兄弟 坂口征二&大木金太郎 vs ネルソン・ … ワルドー・フォン・エリック②-① ハンス・シュミット②-① ブルドッグ・ブラワー① クラッシャー・コワルスキー(スタンリー・コワルスキー)②-① グレート東郷⑧-① フレッド・アトキンス②-①(レフェリー) ワールド・タッグ・シリーズ(1月31日~2月21日、全7戦) [外国人選 … わるどー ふぉん えりっく . 外人組 : ワルドー・フォン・エリック&フリッツ・フォン・ゲーリング組、ダニー・ホッジ、ネルソン・ロイヤル組、ザ・ヒッピーズ組、ラリー&ジョー・ハミルトン兄弟 . 第3代王者 : ドミニック・デヌーチ. @ h [ E t H E G b N @Waldo Von Erich a47 N a51 N j b N l [ F d j { F E H ^ [ E V [ o ハーリー・レイス パンピロ・フィルポ ジャイアント馬場 デビル紫 グレート東郷 月影四朗 アンドレ・ボレー ソルダ・ゴーリキ ワイルド・アンガス カウボーイ・ボブ・エリス 全日本プロレスでの復活から今日で実に三十五年、そしてその誕生から昨年末で実に五十五年を超えた、「日本最古のタイトル」。 この有数希有のタイトルの履歴と意義を、多くの方々と共に論じていきたいと思っております。 ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich)と改名してフリッツとの兄弟タッグチームを結成し、1958年10月にミッドアトランティック地区のNWA南部タッグ王座を獲得した 。 &ワルドー・フォン・エリック 1972.10.27 放送(生) 第3回NWAタッグリーグ戦(日本プロレス) 1972.10.27 後楽園ホール 大木金太郎&グレート小鹿 vs ワルドー・フォン・エリック &フリッツ・フォン・ゲーリング 坂口征二&高千穂明久 vs ダニー・ホッジ&ネルソン・ロイヤル 1972.11.03 放送. ワルドー・フォン・エリック. ワルドーフォンエリックだ! あっしがプロレス見るようになってから来日がなくて、オンタイムで見てない。 なんかのレトロ映像で見たかもしれないし、最近でもリンクの「昭和プロレス」で入手したオーストラリアマットの映像でちょっと見たんですけど(ちなみに、このオーストラリア、� ワルドー・フォン・エリックさんの動物キャラクターは華やかなこじかです!有名人の個性、性格がすぐわかります。ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリオ州トロント出身のプロレスラー。本名はウォルター・ポール・シーバー(Walter ワルドー・フォン・エリックを英語で訳すと Waldo Von Erichワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリ... - 約1171万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 野中貿易では、皆様にご満足いただける楽器をお届けするために、取り扱いブランドを厳選しています。どれもが末永くお使いいただける、世界の名品。楽器とあなた自身を高め合う喜びを、ぜひ感じてみてください。 ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich、本名:Walter Paul Sieber、1933年10月2日 - 2009年7月5日)は、カナダ・オンタリオ州トロント出身のプロレスラー。, フリッツ・フォン・エリックの「弟」を名乗り(実際には血縁関係はない)、ナチス・ギミックのドイツ人ヒールとして活躍した[2]。, YMCAにてレスリングのトレーニングを積み、1950年にカルガリーにて17歳でデビュー[3]。ワルドー・フォン・ジーバー(Waldo Von Sieber)またはカール・フォン・ジーバー(Karl Von Seiber)の名義でカナダ各地を転戦後にアメリカへ進出し、1950年代後半にフリッツ・フォン・エリックと邂逅。ワルドー・フォン・エリック(Waldo Von Erich)と改名してフリッツとの兄弟タッグチームを結成し、1958年10月にミッドアトランティック地区のNWA南部タッグ王座を獲得した[4]。, フリッツとのコンビを一時解消後、1960年代初頭は、ミスターM(Mr.