アフリカには、子供に基本的な教育すら受けさせる余裕のない家庭が多く存在します。 子供の基礎教育を政府プロジェクトに掲げている地域もあるにもかかわらず、多くの地域で学校が不足しており、また学校があっても家から遠く、さらに家庭が貧しいために幼い子供たちが家の仕事に従事させられていたりと、教育の機会が奪われてしまっているのです。 結果、アフリカ諸国のなかには識字率が非常に低い国や、基礎的な教育や知識が足りないために、単純労働以下の仕事しか得られず、貧困が貧困を呼 … 【ホンシェルジュ】 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強による「アフリカ分割」がおこなわれました。どのような背景があったのでしょうか。この記事では、分割がおこなわれた理由や各国の紛争、影響などをわかりやすく解説していきます。 アフリカ開発のための新パートナーシップ(nepad) は2001年 に成立した。nepadはauの 経済再建プ ログラムのイニシアティブとなった。これらはアフリカ 自身がアフリカ開発の主導権を奪還したことを示してい る。 第2に,「 独立後のアフリカを理解する:支配的な解 水島先生 「ところが、民衆とエリートの問題だけでなく、実はもっと大きな問題がありました。ムスリムとヒンドゥー教の問題です。ヒンドゥー 第三世界の自立で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 アフリカ諸国の独立 ・第二次世界大戦後の冷戦下、米国やソ連のどちらにもつかなかったインドやアジア・アフリカの新興諸国を第三 アフリカで本格的な独立運動が起きるのは第二次大戦後になります。1945年にマンチェスターで開かれた、アフリカの解放を訴えるパン・アフリカ会議には、アフリカの独立運動家らが数多く参加し、独立運動が高まりをみせます。 アフリカ分割の影響と問題点 ... その後、アフリカ諸国が独立する過程で、ヨーロッパ列強はアフリカ人から奪った土地を売却します。その費用は莫大で、アフリカ諸国はいまだに旧宗主国に対して多額の負債を抱えているのです。 またこれらの土地はアフリカ諸国の「政府」が独占し、近親者 がアフリカ諸国に対して提示した処方箋であった。独立以来のアフリカ諸国の政治経済体 制に大きな変更を迫るものであった。アフリカ諸国が独立以来進めてきた非効率的な国営 企業による経済政策、その企業を維持させるための保護主義的貿易政策等を改め、国営企 業の民営化や規制緩和を 歴史メディアRinto » その他の国の歴史 » 多くのアフリカ諸国が独立を果たした「アフリカの年」を元予備校講師がわかりやすく解説, 第二次世界大戦後、アメリカを中心とする西側諸国と、ソ連を中心とする東側諸国の対立(冷戦)がはじまりました。第二次世界大戦後に独立したアジア・アフリカ諸国は、東西両陣営のどちらにも属さない「第三世界」として注目を浴びるようになります。, 第三世界の考え方を強調したのはインドのネルーでした。ネルーらは1954年のコロンボ会議や、翌年のバンドン会議(アジア・アフリカ会議)で、植民地主義への反対や反侵略戦争といった理念を提唱し、第三世界を一つの勢力としてまとめようとします。, バンドン会議では、平和十原則が発表されました。平和十原則では国際連合憲章の尊重や主権・領土の尊重、内政不干渉、相互協力の促進などが確認されます。アジアやアフリカの諸国が立場の違いを越えて団結する姿勢を見せたことで、アフリカ諸国の独立運動がさらに活発化しました。, ヤルタ会談にはじまりマルタ会談で終結した「冷戦」とはどのようなものだったか、わかりやすく解説 – Rinto~凛と~, 将来の世界発展のカギを握る「第三世界」とは?歴史系ライターがわかりやすく解説 – Rinto~凛と~, アフリカの年に先立つ1950年代後半、イギリス植民地のゴールドコーストで独立運動が起きました。運動の指導者はエンクルマ。1955年のアジア・アフリカ会議にも参加していたアフリカ独立の旗手です。, エンクルマは、アメリカやイギリスに留学した地域社会のエリート。エンクルマは留学から帰国すると、ゴールドコースト会議人民党(CPP)を立ち上げ、イギリスに対して即時独立を要求しました。, エンクルマは、ガンディーがインドで行った非暴力・不服従運動をゴールドコースト植民地で展開。イギリスに総選挙実施を約束させます。1951年の総選挙で、逮捕されていたエンクルマは獄中から出馬し当選を果たしました。, 1957年、イギリスはゴールドコースト植民地の独立を承認。ガーナ共和国が誕生します。独立後、エンクルマは首相や大統領に就任。1958年には第一回アフリカ独立諸国会議を開催して、いまだ植民地であるアフリカ諸国の独立支援を約束しました。, 第二次世界大戦後、イギリスやフランスの支配力が衰えたことがきっかけとなり、徐々にアフリカ諸国の独立が始まります。大戦以前の独立国であるエチオピア、リベリア、エジプトに加え、1950年代にリビア、スーダン、モロッコ、チュニジア、ガーナ、ギニアが独立しました。, 1960年、西アフリカから中央アフリカにかけての17の国が一気に独立を果たします。この年を「アフリカの年」といいました。西アフリカから中央アフリカを植民地としていたのはフランスです。どうして、フランスは植民地を承認したのでしょうか。, その背景には1954年から続くアルジェリア戦争があります。アルジェリアは1830年からフランスの植民地で、多数のフランス系移民(コロン)が居住していました。アルジェリア人たちはフランス軍やフランス系住民と激しく交戦します。, 1958年にフランス大統領となったシャルル=ド=ゴールはフランス系住民の反発を押し切って、アルジェリア独立を承認しました。フランスは、植民地を維持する力を失っていたのです。, フランスの大統領「シャルル・ドゴール」とは?フランスの英雄をわかりやすく解説 – Rinto~凛と~, 1960年以降、アフリカ諸国で独立が相次ぎました。本国から政治的に独立を果たしても、アフリカ諸国は多くの問題点を抱えています。植民地時代に現地の部族を無視して引かれた国境線をめぐる紛争やコンゴ動乱に代表される内乱がアフリカの人々を苦しめました。また、欧米諸国が経済的に旧植民地を支配する新植民地主義も問題。さらに、独裁政権や南北問題、南南問題などの経済的な問題も山積しています。, 1960年以後、アフリカでは次々と独立国が誕生しました。しかし、アフリカ諸国の国境線がイギリスやフランスなどの旧宗主国によって強引にひかれたものだったため、国家間、あるいは国家内で対立が起き、アフリカ諸国を不安定化させます。これに、東西冷戦がからむとコンゴ動乱のように泥沼化していきました。, コンゴ動乱は旧ベルギー植民地の今後で起きた内戦のこと。ベルギーが植民地から撤退した後、コンゴの政権を率いたルムンバ首相はソ連に支援を要請します。これに危機感を覚えたアメリカはルムンバと対立していたモブツを支援。モブツ派はルムンバを拘束し殺害します。, 政権を握ったモブツはクーデタで軍事政権を樹立。国名をザイールに変更しました。コンゴ動乱のような内紛や外国の介入は、アフリカでは見慣れた光景となっていきます。, 北海道在住の40代です。 中1社会・地理で学習する「アフリカ州」の4つのポイントについて解説しています。①アフリカの自然、②アフリカの歴史と宗教、③アフリカの農業と鉱業、④アフリカのこれからについて、テストによく出題されるところを中心に基本的なことから分かりやすく丁寧に説明しています。 それから10年後のアフリカ人の民族独立運動によって解体することになります。 独立へと動き始めるジンバブエ. までナイジェリア国際問題研究所教授,北 欧アフリカ研 ... 第1に,「 独立後アフリカを概観する」において, 現代アフリカの全体像について描写した。第1局 面 は1960年 の独立から1980年 代初めまでである。この 局面は国家建設(nation building),国 民発展(national development)お よび社会進歩(social progress (1)( ① )に流れ込む世界最長の河川を( ② )川という。毎年、夏から秋にかけて氾濫し、栄養豊富な土を下流に運んでいる。 (2)アフリカには砂漠地帯が広がる。中でも世界最大の砂漠を( ① )砂漠といい、アフリカ北部に広がっている。この周辺にすむ人々は、動物の( ② )に乗って行き来している。 (3)赤道に近い熱帯付近の東部には、低い木がまばらに生える草原が広がる。この草原を( ① )という。この草原周辺の気候は( ② )気候であり、雨季と乾季がある。 (4)アフリカの中央に広が … 1960年代に入ると南アフリカの他国が次々に独立を始めました。 1963年には少人数白人支配体制の独立を目指します。 1965年11月には南ローデシアはイギリス … それから10年後のアフリカ人の民族独立運動によって解体することになります。 独立へと動き始めるジンバブエ. アフリカでは脱植民地化や独立闘争が頻発しました。1990年代にはアフリカの各地で内戦が起こりました(注4 p1)。日本でアフリカの内戦や紛争問題が注目されたのは、1994年に発生したルワンダ大虐殺です(注1 p2)。 アフリカの内戦の現状. 宜しくお願いします。, ヨーロッパ人に海賊として恐れられた「ノルマン人」とは?元予備校講師がわかりやすく解説, 大航海時代に発展したポルトガル海上帝国の歴史について元予備校講師がわかりやすく解説, 20世紀フランス文学の巨編「ジャン・クリストフ」ロマン・ロランの大長編小説を解説!, アヘンを取り締まった優秀な地方官僚「林則徐」の生涯を元予備校講師がわかりやすく解説. 今後は、読者の皆様が興味を持てるような記事の作成をしていきたいなと考えております。 奴隷制度が始まったきっかけと、アメリカの建国の歴史を見ていきましょう。今でも人種差別や人権問題が大きく報道されるアメリカの歴史的な背景を理解する事で、彼らの文化がもっと深くわかるはずです。アフリカ系アメリカ人達が今でも厳しい生活環境にある事は事実です。 北海道:先住民族のアイヌの独立論、あるいは高度な自治獲得の主張がある。詳しくはアイヌ民族党を参照。 沖縄県:沖縄にはかつて琉球王国が存在しており、日本本土とは異なる歴史を歩んできた。詳しく� がアフリカ諸国に対して提示した処方箋であった。独立以来のアフリカ諸国の政治経済体 制に大きな変更を迫るものであった。アフリカ諸国が独立以来進めてきた非効率的な国営 企業による経済政策、その企業を維持させるための保護主義的貿易政策等を改め、国営企 業の民営化や規制緩和を image by iStockphoto / 50595136. アフリカはかつてヨーロッパの植民地として支配され、独立はできたものの不安定な情勢から内戦や紛争が勃発し、世界の紛争多発地域と見られてきました。 近年は徐々に終息を見せ、紛争の数こそ少なくなりましたが、中央アフリカやコンゴ、南スーダンなど紛争を行っている地域やさらに激化している地域もあり、多くの被害が出てしまっているのが現状です。 2005年時点では、南北スーダンで死者約50万人、難民や避難民だ … 「本当に、腹が立つ。こっちの人間とミーティングの約束をしても、まず守られない。20年前からまったく変わらない」 今年2月、アフリカ東部ウガンダの首都カンパラ。街を見下ろす丘の上に立つホテルの喫茶店で出会ったスウェーデン人女性が、イライラしながら話した。何回か試みた後、電話に出たウガンダ人男性は「大事な用事が入ったから」と言い訳したという。 「だったら、なぜそのことを事前に伝えないのか。信じ … アフリカ諸国のほとんどで、独立後、よく似たことが起きたらしい。軍事独裁政権は権力を振りかざし、価格統制や的外れな投資を繰り返し、なかには「海外から援助を得ること」を主な産業としてしまった政権まである。 image by iStockphoto / 50595136. 1960年代に入ると南アフリカの他国が次々に独立を始めました。 1963年には少人数白人支配体制の独立を目指します。 1965年11月には南ローデシアはイギリス … 独立直後のアフリカ経済は、世界経済の好況に牽引され比較的順調に成長 を遂げていた。しかし1970 年代の石油危機を境にアフリカ諸国の成長は 鈍化し、さらに1980 年代初頭のアメリカの高金利政策による世界的な不 況と旱魃が重なりアフリカ経済は深刻な低迷に陥っていった(図1 衝撃的な事件が言語問題によって引き起こされたということが心に残っていた。この 2 つのことが言語政策研究の動機付けとなり、アフリカ諸国で独立後も英語やフラン ス語などの西欧語が公用語として使われ続ける事情とその功罪を明らかにすることを 1.アフリカ諸国の独立 英領ガーナの独立(1957年3月) 仏領北アフリカ 「アフリカの年」 アフリカ統一機構(oau) 2.独立後のアフリカの問題点 3.アフリカ地域史 エチオピア情勢 ジンバブエ 南アフリカ共和国 1.アフリカ諸国の独立 英領ガーナの独立(1957年3月) 指導者はエンクルマ。 日本は長年、「アフリカ問題の解決なくして21世紀の世界の安定と繁栄はない」という視点のもと、アフリカの抱える問題に積極的に取り組んでいます。 その中心となっているのが TICAD(Tokyo International Conference on African development、アフリカ開発会議) です。 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 1.アフリカ諸国の独立 英領ガーナの独立(1957年3月) 仏領北アフリカ 「アフリカの年」 アフリカ統一機構(oau) 2.独立後のアフリカの問題点 3.アフリカ地域史 エチオピア情勢 ジンバブエ 南アフリカ共和国 1.アフリカ諸国の独立 英領ガーナの独立(1957年3月) 指導者はエンクルマ。 こんにちは。今回は戦後のアフリカ諸国について述べていきます。かつて、ヨーロッパ人はアフリカを暗黒大陸とよびました。19世紀後半から20世紀にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカの内陸部まで入り込み、各地を植民地化していきました。第二次世界大戦後 アフリカ分割から始まったアフリカの植民地化は、その後のアフリカの発展や開発に多大な影響を与えました。その影響について詳しく見ていきたいと思います。現在の世界においてアフリカ(一部の北アフリカを除く)は、西洋的なスタンダードで見れば最も発展や その過程で,アフリカ人は農業条件の悪い地域に移住させられ,「土 地所有権」を制度的には認められてこなかった(武内, 2015, p8-9)。アフリカ人の居住地で は,人口増加とともに土地問題が深刻化した。独立後には,歴代大統領を中心に,換金作物 衝撃的な事件が言語問題によって引き起こされたということが心に残っていた。この 2 つのことが言語政策研究の動機付けとなり、アフリカ諸国で独立後も英語やフラン ス語などの西欧語が公用語として使われ続ける事情とその功罪を明らかにすることを 列強による植民地化は、アフリカの発展を妨げ、第二次大戦後、アフリカの国々が独立した後も紛争や貧困の原因となって現代の世界や国際情勢にも影響を与えています。 アフリカ植民地はなぜ始まり、どうやって進められ、どのような影響を残しているのでしょうか。 この記事では、アフリ� アフリカでは脱植民地化や独立闘争が頻発しました。1990年代にはアフリカの各地で内戦が起こりました(注4 p1)。日本でアフリカの内戦や紛争問題が注目されたのは、1994年に発生したルワンダ大虐殺です(注1 p2)。 アフリカの内戦の現状. そのため独立後にも国民はまとまりを欠き、強権的な政府体制としてアフリカ型社会主義もしくは開発独裁体制が選択された。しかし前者は構造的に経済発展には向かず、後者は汚職や主導権争いが絶えな … 19世紀までにヨーロッパ列強によるアフリカ分割が進み、植民地とされていたアフリカ各地で、第二次世界大戦後に独立運動が活発になり、1960年前後に一斉に独立を達成した。 現在はそうした紛争も数を減らしてはいるものの、続いていたり、終結したあとも影響が出続けている紛争もあります。, 30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「アフリカの紛争で苦しむ人々を支える」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!, 設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?, アフリカはかつてヨーロッパの植民地として支配され、独立はできたものの不安定な情勢から内戦や紛争が勃発し、世界の紛争多発地域と見られてきました。, 近年は徐々に終息を見せ、紛争の数こそ少なくなりましたが、中央アフリカやコンゴ、南スーダンなど紛争を行っている地域やさらに激化している地域もあり、多くの被害が出てしまっているのが現状です。, 2005年時点では、南北スーダンで死者約50万人、難民や避難民だけで約400万人にのぼり、同じスーダン国内のダルフールでは、2006年時点で死者約20万人、難民や避難民は約200万人と1つの国の中でも多大な被害を出しているのです。, アフリカで起こる紛争で難民となっている人の数だけでも約900万人にものぼります。これは世界の難民の約4分の1を占めており、その被害の大きさが伺えます。, (出典: 外務省「わかる!国際情勢 スーダン~多様性に満ちた国」)(出典:ワールド・ビジョン・ジャパン「アフリカの子どもたちとワールド・ビジョンの活動」), 中央アフリカは北東にスーダン、東に南スーダン、南にコンゴ民主共和国と内戦や紛争が長期化、あるいは激化した国に囲まれており、中央アフリカも「世界でもっとも貧しい国」と形容されています。, これも内戦による被害であり、2017年時点で全人口の4分の1が避難を強いられている状況なのです。, (出典:国連UNHCR協会 「中央アフリカ共和国 世界で最も貧しい国の難民危機」), 中央アフリカ内戦の原因は2013年に起こったボジゼ政権打倒のための侵攻とされています。, 2012年12月に野党と反政府武装勢力5団体が連合して結成したセレカという団体が、首都バンギを陥落させ、ボジゼを国外逃亡に追い込んだことで達成し、セレカのリーダーであるジョトディアが大統領に就任することで新政権を樹立しました。, しかし、国際社会からはこの新政権が承認されず孤立してしまいます。また国民はセレカの民兵から武力による抑圧を受けており、暴力が耐えない状態でした。, さらにイスラム系団体とキリスト教系の国民との対立が激化、宗教対立にまで発展することとなりました。, このような情勢を受け、欧州やアフリカ連合からの圧力によりジョトディア政権は崩壊し、新たな移行国民評議会により新たな大統領が選出されるなど、国内の安定化を図ろうとしました。, そして2017年5月武装グループ間での新たな紛争により、特に北西部での戦闘が激化して多くの被害が出る結果となってしまったのです。, 戦闘の激化がごく最近であることから、この紛争状態は今でも継続されています。2017年時点で、難民だけで約51万人、国内避難民だけで約60万人にもなります。, さらに人道支援が必要な人は、2017年時点で約250万人と推定され、国民の2人に1人がこの状態に陥ってしまっているのです。, 今も難民や食糧難に陥る人の数は増加しており、マラリアや下痢、感染症などにさらされている人があとを絶たない状況です。, (出典:国連UNHCR協会 「中央アフリカからの難民が記録的多さに 支援金は最小」2017)(出典: 外務省「中央アフリカの基礎データ」2019), コンゴ民主共和国も、度重なる戦争や紛争で経済が破綻してしまった世界最貧国の一角です。, 中央アフリカの南に位置し、各種鉱物資源に恵まれた国ではありましたが、1990年に起こった内戦が全てを狂わせてしまったのです。日本ではあまり報道されませんが、その悲惨たるコンゴ戦争の原因と現状を紹介します。, コンゴ民主共和国は1997年までザイール共和国という名前の国でした。しかし現在まで続く紛争の影響により、国の名を変えることになりました。, そのきっかけとなったのが、1990年から1993年に起こった隣国であるルワンダの内紛です。, また1994年に起きたルワンダ大虐殺も長期化の要因とされています。ルワンダの内紛は、ルワンダ国内の2大民族であるフツ族とツチ族の民族間の溝が深まることによって起こったものと言われています。, この内紛はフツ族が起こしたルワンダ大虐殺を受け、ツチ族の軍であるルワンダ解放戦線が首都を制圧することで終結しました。, しかし新政府樹立後、政府やツチ族からの報復を恐れたフツ族がコンゴ民主共和国東部に流入、中にはフツ族の武装グループも含まれていました。, この頃ザイール共和国時代の政治は腐敗しきっており、武装グループへの対策を行わず首謀者を匿い、支援していたとも言われています。, これを受け、ルワンダは軍事介入を行い、戦争へと発展してしまいました。これが第1次コンゴ戦争です。, 戦争は1996年から1997年まで続き、コンゴ民主共和国側の敗北で決着しました。この時コンゴ民主共和国へ国名が変わっています。, しかし翌1998年には再びルワンダや周辺国が侵攻したことにより、第2次コンゴ戦争が勃発しました。2003年には表面上は終結したものの、武装勢力同士の衝突は現在も続いており、周辺国の複雑な関与により現在も紛争状態が続いています。, 現在も紛争状態が続き、実に20年以上も凄惨な状態が続くことで190万人以上が家を追われ、国内では450万人以上が避難しています。, また国外へ逃亡した人も63万人となっており、被害は拡大していく一方です。これは戦闘だけでなく、民間人への無差別的な拷問や虐殺、性的暴行などもあり、逃れるために多くの被害者が生まれてしまっているのです。, (出典:独立行政法人国際協力機構JICA 「コンゴ民主共和国 ジェンダー情報整備調査報告書」,2017)(出典:外務省 「コンゴ民主共和国 基礎データ」2019), 南スーダン共和国は、イギリスから独立したスーダンからさらに独立することで設立した国です。2011年に起こった南部独立の住民投票を皮切りに、南スーダン共和国が独立しました。, しかし国造りをするための内政が不安定であり、やがて内戦へと発展する事態となり、現在でも緊迫した状態が続いています。, 南スーダンは独立後新体制を作り上げようとしましたが、与党であるスーダン民解放運動内で派閥抗争が起こり、激化してしまいます。, 2013年には首都ジュバにて、大統領警備隊同士の衝突が起こりますが、治安はすぐ回復しました。しかしこれを皮切りに各地での衝突が相次ぎ、多くの難民を出すことになりました。, 2016年には関係当事者による合意文書署名が行われ、国民統一暫定政府が樹立されたことによって一度は落ち着きを見せたものの、同年に再び主流派と反主流派が衝突して各地で暴動が起こり、さらに多くの難民が発生しています。, この内戦も2018年6月には恒久的停戦を含むハルツーム宣言を採択することでとりあえずの終結を見せています。, しかし各地の暴動は後を絶たず、暫定政府体制の準備も未だ完了していない状態で、2019年5月には暫定準備期間を6ヶ月延長する状態にまで陥っています。, これにより国内避難民は約190万人、国外へ逃れた難民は約150万人にものぼり、510万人が食糧支援を含む人道支援が必要な状態となってしまっています。, それだけではなく、民家への略奪や放火、子どもへの略取、性的暴行などが今も起こっており悲惨な環境となっています。, (出典:ワールド・ビジョン 「南スーダン共和国」)(出典: 外務省「南スーダン 基礎データ」2019), 1962年に独立しているものの、1993年には内戦にまで発展する衝突が起こった国でもあります。その原因と現在の状況をご紹介します。, ブルンジ紛争の原因の一端は、2大民族の衝突とされています。ブルンジにもフツ族とツチ族が住んでおり、その対立が煽られ1962年の独立以降に度々衝突が起こり、計25万人もの人が虐殺されました。, やがて1993年にはこの衝突が紛争にまで発展し、30万人もの命が奪われる結果となったのです。, ブルンジ紛争は民族間の権力分有と和解が進む形で終息に向かっています。しかし紛争の影響もあり貧富の差が激しく、国民の多くが最低ライン以下の生活を強いられている状況です。, また2015年時点において、1000人中82人の子どもが5歳まで生きるのが難しい状況下にあり、厳しい弾圧と暴力、食糧難、マラリアと命を脅かされる状態が続き、42万人以上が今も国外へ逃亡しています。, リビアはアフリカでも北に位置し、エジプトやスーダン、チュニジアなどに隣接する国です。, 1951年にリビア連合王国となってから現在まで実に7回も国名を変えた国ですが、これには2度の内戦と不安定な国内情勢によるものと言われています。, リビア内戦の原因は2011年のカダフィ政権の崩壊にまで遡ります。1969年に起こったクーデター以降、42年間に渡るカダフィ大佐の独裁政権が崩壊しました。, このときリビアの政治社会的要求を掲げた反政府デモが、武装闘争にまで発展したのが2011年リビア内戦(第一次リビア内戦)です。, 一度は終結し、新たな国へと生まれ変わろうとしていましたが、2014年に国民暫定評議会から制憲議会へと権限譲渡されるはずが行われず、並立する事態が起こりました。, これにより紛争へと発展、さらにIS系武装集団やカダフィ派残党が入り乱れての泥沼の戦闘にまでなってしまったのです。, 現在のリビアではこの内戦の影響が続き、情勢は不安定で国内でも緊迫した状態が続いています。, さらにアフリカ中央や南から出た難民はリビアを経由してヨーロッパに渡る人も多く、リビアに逃れてきたことで、搾取や暴力の対象、あるいは誘拐されることもあり命の危険にさらされています。, 国際社会の支援を受け、政治対話は進展していますが、安定化の兆しは未だえてこない状況です。, マリ共和国は西アフリカに位置し、アルジェリアやコートジボワール、ギニア、セネガルに囲まれています。, 1960年にフランスからセネガルと共に独立し、同年9月にマリ共和国として国名を改めました。, 一度はクーデターによる軍事政権が成立しましたが、1991年に起こったクーデターにより打倒されました。しかし21年後、これが紛争への原因の一因となります。, 1991年に樹立された暫定政権での立役者トゥーレが2002年大統領に選出され、政権を握り10年ほど政治を行った頃、中央政府からの独立を求める武装蜂起をトゥアレグ族が起こしたことにより、マリ北部戦争へと発展することとなりました。, さらに一部国軍兵士らによるバマコでの騒乱により、トゥーレ大統領は辞任、代わりにトラオレ国民議会議長が暫定大統領に就任することとなりました。, しかし翌2013年にはイスラム過激派武装組織などが北部地域に入り込んでしまいます。これを受け、マリ暫定政権がフランスに軍展開を要請し、介入、制圧をしたことにより大規模な紛争にまで発展したと言われます。, マリ北部紛争は2015年に行われた和平合意により終結したとされています。しかし国内情勢は不安定で、今も厳しい生活を余儀なくされている人がたくさんいます。, また、性的暴力が横行し多くの被害者が出ていますが、裁判所や警察に行くこともなく精神的な苦痛を抱えて生きている女性があとを絶たない状態です。, (出展:外務省 「マリ共和国 基礎データ」2019)(出典: 公益財団法人 日本ユニセフ協会「紛争で暴力を受けた女性を保護するプログラムを実施」), アフリカで起こる様々な紛争により難民となった人々は、食糧難に陥るのはもちろんのこと、不衛生な環境での生活により命を落とす場合もあります。, アフリカの紛争で苦しむ人々を救うために活動をする人々や団体がありますが、活動を継続して行うには資金や人材がまだまだ足りていません。, お願いしたいのは、選択肢から選ぶだけの4つの質問にお答えいただくだけです。お金はもちろん、個人情報や何かの登録も一切不要で、30秒あれば終わります。, それだけで、紛争で苦しむ人々を支える活動をしている方々・団体に本サイトの運営会社であるgooddo(株)から支援金として10円をお届けします。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 2015年時点において、1000人中82人の子どもが5歳まで生きるのが難しい状況下, 紛争は近年では終息してきたが、中央アフリカ、コンゴ、南スーダンなど紛争が激化している地域もある, 中央アフリカはスーダンやコンゴなどの紛争が長期化、激化した国に囲まれ「世界で最も貧しい国」と言われてる, マリ北部紛争は、2015年の和平合意により終結はしたが依然として厳しい生活が続いている. 16世紀以降、ヨーロッパ諸国は奴隷貿易を通じてアフリカと深くかかわりを持ちました。19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ列強はアフリカを植民地化します。第二次世界大戦後、アフリカの大半を植民地としていたイギリスやフランスの力が衰え、各地で独立運動が活発化しました。 アフリカ諸国の独立/アフリカの年/1960年. 以前、学習塾や予備校で社会科講師をしていたこともあり、歴史や異文化について興味を持っていました。 その過程で,アフリカ人は農業条件の悪い地域に移住させられ,「土 地所有権」を制度的には認められてこなかった(武内, 2015, p8-9)。アフリカ人の居住地で は,人口増加とともに土地問題が深刻化した。独立後には,歴代大統領を中心に,換金作物 これらの地域の政治的実体は、独立宣言後に独立 を ... 世界の独立問題 アジア 日本. 独立直後のアフリカ経済は、世界経済の好況に牽引され比較的順調に成長 を遂げていた。しかし1970 年代の石油危機を境にアフリカ諸国の成長は 鈍化し、さらに1980 年代初頭のアメリカの高金利政策による世界的な不 況と旱魃が重なりアフリカ経済は深刻な低迷に陥っていった(図1