created by Rinker. あわせて知りたい. アーネル・ピネダ(journey)のプロフィール. アーネル・ピネダ. ナイス! その他の回答をもっと見る. アーネル・ピネダしか知りませんが、イメージ「顔付」や 音質はスティーブ・ペリーに最も似ていますね。 私はスティーブ・ペリーのJourneyしか聴きませんから。 2人がナイス!しています. 洋楽. ジャーニーのアーネル・ピネダとONE OK ROCKのTakaは、ジャーニー楽曲「Open Arms」のパフォーマンス映像を公開。アーネルのYouTubeチャンネルで公開されています アーネル・ピネダの身長を方はわかりませんが現メンバー、ニールも5フィート8インチ、ロス、ケインは5フィート11インチ約180センチですのでレヴェレイションDVDやマニラなどのライブ映像をみてみるとアーネルがとても小さく見えます、推測ですが165とか160前半ぐらいではないでしょうか . 引用 :barks. 彼の魂の奥深くから湧いている 『生命力』の響きは 『精神力』のエネルギー だと。 幸運にも、 彼と親交のある日本人の女性から. 彼の人生のストーリーを. 両手を広げて (アーネル×タカ) ... 現在のボーカル、フィリピン出身のアーネル・ピネダが、実力でジャーニーのメンバーに選ばれてスターになるまでを追ったドキュメンタリー映画を観てからファンになりました(^^)映画「ジャーニードント・ストップ・ビリーヴィ . 40.5k Followers, 1,080 Following, 1,413 Posts - See Instagram photos and videos from arnel c. pineda (@arnelpineda2007) 2017年にロックの殿堂入りしたジャーニー。 式典に参加したスティーヴ・ペリーが檀上でアーネルに対しコメントしたのが上記です。 ペリーはアーネルへの感謝の気持ちを伝えました。 それもひとえに、新加入したヴォーカリスト、アーネル・ピネダの語り口によるところが大きい。子供時代には路上生活を経験し、歌手になってからも紆余曲折がてんこ盛りの彼の人生は、それ自体、往年の「ドキュメント女ののど自慢」(男だけど)を思わせる起伏の激しさだ。 ジャーニーはショーン、ケイン、アーネル・ピネダ(Vo)に、新たなベーシストとドラマーを迎え、活動を続けていくという。 Ako Suzuki. アーネル・ピネダがVo.のJourneyをライブで見たけど、素晴らしかった ここまでのレベルならスティーブ・ペリーのほうがいいとかどうでも良くなる 20 名無しさん@恐縮です 2020/09/16(水) 01:48:23.25 ID:8f9kaJo20 ジャーニーのヴォーカリスト、アーネル・ピネダが、ONE OK ROCK(ワンオクロック)のTakaとジャーニー1981年の「Open Arms」をヴァーチャル・セッションし、パフォーマンス映像を公開しました。 ピネダは、自身のYouTubeチャンネルに次のコメントを掲載しています。 「ジャーニーのアルバム … アーネル・ピネダだ。アーネル、愛しているよ。 ありがとう. アーネル・ピネダは、フィリピン出身のヴォーカリスト。 15歳でヴォーカリストとして活動を開始、1986年から1998年まで数々の国内バンドで活動していたが、1999年にレコード会社の目に留まり、ソロアルバムを発売したところヒット。 アーネル・ピネダのボーカルはスティーヴ・ペリーにそっくり。 声質と伸びある美声が魅力です。 そんなアーネル・ピネダがスティーヴ・ペリー時代の名曲をカバーしたアルバム「レヴェレイション」がこちら↓ レヴェレイション. アーネル・ピネダがVo.のJourneyをライブで見たけど、素晴らしかった ここまでのレベルならスティーブ・ペリーのほうがいいとかどうでも良くなる 20 : 名無しさん@恐縮です :2020/09/16(水) 01:48:23.25 ID:8f9kaJo20.net アーネル・ピネダの歌唱力について dvdにちょこっとトレーニング風景が映ってます. 魂が打ち震えた。 息が止まりそうになった。 その素晴らしい歌唱力だけでなく. アーネル・ピネダがジャーニー加入時のDon't Stop Believin'には本当にびっくりした 今よりよほどスティーブ・ペリー並みの高音だった でもやはり10年以上経って少し低くなったかな タカは歌が上手いんだけど声質が細いのが惜しい ... アーネルさん50代に見えない2人とも歌声が美しいなぁこれなんの歌だっけ?と思ってたら海猿かー懐かしいね ジャーニーといえばこの曲も好き!私が馴染みがあるのはgleeの方だけどこれを聴くとテンション上がる . ジョナサン・ケインはボイストレーニングにとても理解があり、アーネルの発声練習も担当してるみたいです。 アーネル・ピネダのジャーニー加入までを映像に収めたドキュメンタリー映画が2013年に公開された。 4人兄弟の長男としてフィリピンのマニラで生まれ、極貧の中で どん底 生活を送りながら13歳の時に母親を亡くし生活にも行き詰まり兄弟とも離散、一人独立生活を送っていた。 アーネル・ピネダが評価されているというのは、彼が加入して発表したアルバム「Revelation」はビルボードで5位までいきました。完全にスティーブ・ペリーの影を払拭している感じがします。 その後に発表した「ECLIPSE」も良く出来ています。 僕がジャーニーを見に行くことを決めた4 … 4 アーネル・ピネダの歌声を聞いた時 . ジャーニーのヴォーカリスト、アーネル・ピネダは、クリスマス・シングル「This Christmas - A Beacon of Hope」をデジタル/ストリーミングでリリース。YouTubeほかで聴けます。