・ナショナル・ギャラリー:7月8日再開 hisが魅力満載のフランス観光をお届けします!モンサンミッシェル、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿といった有名観光スポットの情報を豊富に掲載しています。フランスのホテル、アクティビティ、お土産の情報なども紹介しています! レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロといった美術史に残る巨匠を排出し、美術館ではルネサン, ミラノの人気観光スポット「ドゥオーモ」、「最後の晩餐」、「スフォルツァ城」などから10ヶ所を厳選して、見どころ、行き方、入場料、混みぐあい、行列回避の方法を詳しくご紹介します。 ここでは、国内観光客による延べ宿泊客数を、新型コロナウイルスの影響が現れる以前までの水準である25万人泊/月にまで、回復させることを次のPhaseへの移行の目安とします。 ・ロンドン塔:7月10日再開, 下記記事ではロンドンの人気観光スポットの公式サイトへのリンクを張っています。こちらも参考にしてください。, オランダの新規感染者は減っていますが、まだ100人/日前後で停滞しています。5月以降は安定した状態が続いているようです。, オランダの入出国について以下の在オランダ日本大使館ホームページで最新情報を確認できます。, 7月22日時点で、日本はオランダが指定する入国制限措置の解除対象国に含まれているため、入国が可能です。, 一方、外務省からはオランダへの渡航中止勧告が出ていますし、日本へ帰国したさいのPCR検査や14日間の自主隔離の要請があります。したがって、オランダへの海外旅行はまだ現実的ではありません。, ・アムステルダム国立美術館:6月1日再開 ミラノには、ドゥオーモ、最後の晩餐のあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会、スフォルツァ城、スカラ座など、見逃せない観光スポットがたくさんあります。この記事では、10個所を厳選してご紹介しています。 -covid-19, アムステルダム, イギリス, イタリア, オランダ, スペイン, バルセロナ, パリ, フランス, マドリード, ミラノ, ロンドン, ローマ, 再開, 出入国, 新型コロナウイルス, 渡航, 観光地. ・ヴァチカン美術館:6月1日再開, ・ドゥオーモ:5月22日再開 世界観光ランキング は、国際連合の専門機関である世界観光機関により、年間を通じて3回発表されるWorld Tourism Barometerの一部として報告される統計であり、世界の各国(地域)民による海外旅行(国際旅行・外国旅行)を対象としている 。 前年の統計が、毎年6 - 8月前後に公表されている。 ・グエル公園:5月20日再開, 下記記事ではバルセロナの人気観光スポットの公式サイトへのリンクを張っています。こちらを参考にしてください。, ・プラド美術館:6月6日再開 ヨーロッパ・アジア旅行に便利な情報サイト , 【コロナ:世界の動きまとめ】フランス、イタリア、英国など日本からの観光客も入国許可。自由な往来再開には遠く, 全国1000以上の関連機関の公示情報からインバウンド案件を厳選して毎日お届けします. 【コロナ:世界の動き】世界で始まるワクチン摂取、東京オリンピック外国人観光客受け入れに間に合うか (2020.12.08) 【オーストラリア編】世界の国・地域別、新型コロナ最新情報:自国民の出国を原則 … ・最後の晩餐(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会):6月9日再開, 6月は順調に感染者が減っていたスペインですが、7月に入って新規感染者数が急増しており、1日1000人を超える日があります。カタルーニャ州の一部の都市で再度ロックダウンを行うなど、本格的な収束には時間がかかる状況のようです。, スペインの入出国について以下の在スペイン日本国大使館のホームページで最新情報を確認できます。, 一方、日本の外務省からはスペインへの渡航中止勧告が出ていますし、日本へ帰国したさいのPCR検査や14日間の自主隔離の要請があります。したがって、スペインへの海外旅行はまだ現実的ではありません。, ・サグラダ・ファミリア:7月4日再開 ・カサ・ミラ:7月15日再開 ・ディスニーランド・パリ:7月15日再開, 再開状況は各観光スポットの公式サイトで情報を確認するのが確実です。以下の記事ではパリの人気観光スポットの公式サイトへのリンクを張っています。こちらも参考にしてください。, 以下の記事ではモンサンミシェル観光局などの公式サイトへのリンクを張っています。こちらも参考にしてください。, 一時は爆発的に感染者が増えたイタリアですが、7月は新規感染者が100~200人/日と日本より少なくなっています。ローマ、フィレンツェ、ヴェネツァなど主要都市の観光スポットも再開しています。, イタリアの入出国について以下の外務省海外安全ホームページで最新情報を確認できます。, 7月22日時点で、日本からイタリアへの入国は可能ですが(ビジネス、観光とも)、14日間の自己隔離が義務付けられています。, ・コロッセオ:6月1日再開 ロンドン観光で外せないのは、(1)世界の至宝が見られる大英博物館やナショナルギャラリーなどの博物館・美術館、(2)中世に世界を制覇した英国ロイヤルファミリーと深い繋がりがあるバッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院、ロンドン塔、セ, アムステルダムの人気観光スポット「アムステルダム国立美術館」、「ゴッホ美術館」、「アンネ・フランクの家」などを、並ばず、お得に観光するための攻略法をわかりやすくご紹介します。 マドリードは、16世紀にスペイン王国が建国されて以来、首都として栄えてきました。そのため、多くの観光遺産があります。 ルーブル美術館など、ヨーロッパの観光スポット再開のニュースが届くようになりました。そこで、フランス、イギリス、イタリア、スペインなどヨーロッパ観光の主要国について、現時点(2020年7月22日)での新型コロナ感染者数、出入国の制限、観光地の再開状況などの情報源を整理しました。 新型コロナウイルス感染症の大流行は、引き続き訪日外国人数に大きな影響を与えています。日本政府観光局によると、2020年4月の訪日外国人数は前年同月比99.9%減の2,900人でした そこで本記事では、人気観光スポ, 一度は行ってみたい世界遺産の代表格「モンサンミッシェル」を観光するのに絶対知っておきたい、見どころ、計画の立て方、行き方、ホテルの選び方などを分かりやすく解説しています。 2020年も残すところ1か月を切りました。新型コロナウイルスが世界各地で感染拡大を続ける中、タイは一足早く海外からの観光客の受け入れを再開しました。また「タイ版Go Toキャンペーン」ともいえる国内旅行の需要を喚起する施策も行われ、観光業界は徐々に回復を目指しています。 ・アンネ・フランクの家:6月1日再開 ・ポンピドゥー・センター:7月1日再開 ・オペラ座(内部見学):6月22日再開 これらを楽しめる定番の観光スポット10個所を厳選してご紹介, 【最新】パリの人気観光スポット「攻略法」 – 並ばず・安く・わかりやすい観光のコツ, 【ディズニーランド 】12月から変わったソーシャルディスタンスをレポート:アトラクション編, 【TDL/TDS】12/11最新「エントリー受付」当選確率を公開 – 美女と野獣、ベイマックス、ミニーなど, 【TDL/TDS】12/8版「エントリー受付」当選確率を公開 – 美女と野獣、ベイマックス、ミニーなど, 【最新 空室情報】ミラコスタ、ランドホテル、アンバサダー、セレブレーションホテル【12月17日1時更新】, 【最新 空室情報】ディズニー・オフィシャルホテル チケット付きプラン【12月17日1時更新】, エントリー受付、スタンバイパス、レストラン・ショップ予約 - ディズニー新エリアの予約攻略法. 3月16日のパリで目にしたのは、世界一の外国人観光客数を誇る観光大国の変貌ぶりだった。 記者(太田)は別の取材でイタリアに出張する予定だったが、感染リスクの高まりで断念。フランスでの新型コロナ関連の取材に変更した。 パリの人気観光スポット「ルーヴル美術館」、「エッフェル塔」、「凱旋門」など10ヶ所以上を、並ばず、安く、分かりやすく観光するための攻略法をご紹介します。 ・スフォルツェスコ城:6月25日再開 ・サン・ピエトロ大聖堂:5月18日再開 ・ゴッホ美術館:6月1日再開 3月6日発表 新型コロナウィルス感染症(covid-19): unwtoは復興計画に観光を位置づけることを呼びかけた フィレンツェ(Firenze)は、中世にルネサンス文化が花開いた都市で、「花の都」とも呼ばれています。 ・ティッセンボルネミッサ美術館:6月6日再開 ・アカデミア美術館:6月2日再開 ・エッフェル塔:6月25日再開 訪問客数や経済効果だけを見るのではなく、社会問題や環境問題をも考える観光モデルである。2019年5月19日に行われたフランス国内の観光に関する省庁間連絡会議の時点では、この新モデルの実現にはま … 観光客数世界第三位の一の人気都市パリには、エッフェル塔、凱旋門、ルーヴル美術館など誰でも思いつく有名観光地がたくさんあります。多くの観光客がどっと訪れるので、入場まで数時間待つケースも少なくありません。 お勧め観光スポット予約、公共交通機関の乗り方、空港アクセスなどヨーロッパ旅行をお得にする情報サイト, 2020年7月22日 マドリード観光でまず訪れたいのが、スペイン黄金世紀, ロンドンの人気観光スポット「大英博物館」、「バッキンガム宮殿」から「ハリーポッターの聖地」まで、並ばず、お得に観光するための攻略法をわかりやすくご紹介します。 バルセロナ観光で必ず訪れたいのが、世界を代表する建築家アントニ・ガウディが設計したサグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ, マドリードの人気観光スポット「プラド美術館」や「マドリード王宮」から、レアル・マドリードのホームスタジアム「サンティアゴ ベルナベウ スタジアム」まで、並ばず、お得に観光するための攻略法をわかりやすくご紹介します。 3月13日発表 観光と新型コロナウイルス感染症. 新型コロナウイルス流行以前に話を戻すと、unwtoによれば、2019年に世界の中でもっとも外国からの観光客を集めた国はフランスでした(2位以下はスペイン、米国、中国、イタリアと続く)。同年は8,900万人がフランスを訪れています。 旅行ノウハウ, ルーブル美術館など、ヨーロッパの観光スポット再開のニュースが届くようになりました。そこで、フランス、イギリス、イタリア、スペインなどヨーロッパ観光の主要国について、現時点(2020年7月22日)での新型コロナ感染者数、出入国の制限、観光地の再開状況などの情報源を整理しました。, 状況は日々刻々と変わりますので、最新の正確な情報を得られるように、外務省など信頼のおける公式サイトを中心にリンクを張っています。, 記事本文をご覧いただければわかるように、比較的感染者が少ない日本からの入国を許可する国が増えてきました。一方、ヨーロッパ各国へは外務省から渡航中止勧告が出ています。また、日本に帰国するさいは、PCR検査や14日間の自主隔離の要請があります。, 規制が緩和されても、長距離移動は新型コロナウィルスの感染リスクを高める危険性があります。海外旅行は、行きたい気持ちをぐっとこらえて、状況が落ち着くまで控えるのが賢明だと思います。, 以下、日本からの観光客が多い、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、オランダについて順に状況を整理します。今後も随時、更新・追加をする予定です。, 規制緩和後、新規感染者数が500人/日くらいに落ち着いているようです。下記でご紹介するように、ルーブル美術館、エッフェル塔などの観光スポットも再開しています。, 7月1日から日本⇒フランスの旅行者は無制限で入国できるようになりました。現在、フランスは感染者の少ない国からの入国を制限していませんが、日本での感染者増加に伴い再度制限される可能性があります。, 一方、日本の外務省からはフランスへの渡航中止勧告が出ていますし、日本へ帰国したさいのPCR検査や14日間の自主隔離の要請があります。したがって、フランスへの海外旅行はまだ現実的ではありません。, ・ルーブル美術館:7月6日再開 夏のバカンスシーズンを前に、欧州連合(eu)が、新型コロナウイルス(covid-19)対策でとっていた移動制限の緩和に動き出している。今回の世界の動きまとめでは、ヨーロッパを中心とした動向をお伝 … ・ヴェルサイユ宮殿:6月6日再開 ・バッキンガム宮殿(ステートルーム):7月23日予定 3月11日発表 unwtoとwhoは新型コロナウィルス感染症(covid-19)への対応における連携強化について合意. ・ピッティ宮殿:5月28日再開, 以下の記事ではフィレンツェの人気観光スポットの公式サイトへのリンクを張っています。こちらも参考にしてください。, ・ドゥオーモ:5月29日再開 ・マウリッツハイス美術館(デン・ハーグ):6月1日再開, 下記記事でアムステルダムの人気観光スポットを紹介し、公式サイトへのリンクを張っています。こちらを参考にしてください。, 以上の通り、海外の主要観光地はほぼ再開しました。ただし、日本からヨーロッパへ普通に旅行できるようになるのは、残念ながらまだまだ先になりそうです。, -旅行ノウハウ ・カサ・バトリョ:7月1日再開 特別コロナが怖い!ということはなくむしろインフルエンザ(フランス語でグリップ)やノロウィルス(フランス語でガストロ)にかかる可能性やこういう病気で命を落とす人も多いんだから、 コロナだけを怖がることはないよね〜、と話していました。 ・オランジュリー美術館:6月22日再開 ・マドリード王宮:6月10日再開, 下記記事ではマドリードの人気観光スポットの公式サイトへのリンクを張っています。こちらを参考にしてください。, イギリスも新規感染者が減っていますが、500~1000人/日前後の新規感染者数が発生しています。感染者は依然多いですが、急な増加も見られず耐えている状態のようです。, イギリスの入出国について以下の在英国日本大使館のホームページで最新情報を確認できます。, 7月10日以降、日本は自己隔離の免除リストに入っているので、自己隔離の必要はありません。, 一方、外務省からはイギリスへの渡航中止勧告が出ていますし、日本へ帰国したさいのPCR検査や14日間の自主隔離の要請があります。したがって、イギリスへの海外旅行はまだ現実的ではありません。, ・大英博物館:未定 紹, バルセロナの人気観光スポット「サグラダ・ファミリア」、「グエル公園」などガウディ建築からFCバルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」まで、並ばず、お得に観光するための攻略法をわかりやすくご紹介します。 欧州連合(EU)が第1弾の域外からの渡航を受け入れる国のリストに、日本、韓国、タイ、オーストラリアなど15カ国を選んだことを受け、欧州各国政府が対応を明らかにした。フランス、ギリシャ、イタリアなど、欧州各国が日本からの入国を認める動きが相次いだ。, 現地報道などによると、すでにフランス、オランダ、ギリシャ、イタリア、スペイン、デンマーク、スウェーデン、クロアチア、ラトビア、ルクセンブルク、キプロスが日本からの入国制限を解除。これらの国への観光やビジネス目的での入国が認められた。, また、スイスは20日から、スウェーデン、リトアニア、マルタ、ベルギー、アイスランドも近く入国制限を解除する見通しとなっている。, 入国にあたっての条件は国によって異なり、入国後の自主隔離は求めないフランスやスペイン、入国後14日間の自己隔離を求めるイタリアなど、各国で対応が分かれる。イタリアでは相互性が条件の中国以外の14カ国からの入国を7月1日から再開。入国に際しては、イタリア政府が定める自己宣誓書でイタリアへの入国理由を説明し、イタリア政府から入国の承認を得ることや、入国後14日間の自己隔離などが義務付けられている。, スペインも7月4日午前0時から渡航規制の一部を解除。EUが示した15カ国を入国制限解除国の対象国とした(ただし、アルジェリア、モロッコ、中国は相互主義を条件としている)。スペインに渡航する前に健康状態や旅程予定を申告するシステムへ登録し、その際発行されるQRコードの提示が、空港で求められる。, デンマークでは、日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、韓国、タイの6カ国からの入国受け入れを7月4日午前0時から再開。原則的にデンマーク国内で6泊以上することが求められ、宿泊予約証明証の提示が必要となる。, デンマークから日本への渡航については、デンマーク政府は自国民に対して、「オレンジ:不要な渡航中止勧告」を継続している。日本政府がデンマークへの渡航規制を緩和すれば、「黄色:渡航にあたり要注意」に引き下げる見通しとなっている。, 一方、ドイツやオーストラリアは日本からの入国制限を継続している。ドイツは、日本を含む11カ国からの入国を「bilateral(バイラテラル)」両国による相互性を条件として認めることを2日に発表したが、日本政府がドイツからの入国を原則禁止としているため、ドイツも同様の措置をとっている。, EUが域外からの渡航受け入れる第1弾の国に日本を含めたことで、日本からの入国を認めるEUの国は増えていく見通しとなっている。しかし、日本政府は、欧州全体を新型コロナウイルスに関する感染症危険情報レベル3としており、欧州への渡航中止勧告を出している。欧州からの入国も拒否しており、EUから日本人が帰国した際も、感染の有無を調べる検査の実施と、14日間の自宅などでの待機を求めている。, EUが域外からの渡航受け入れる第1弾の国に日本を含めたことで、日本からの入国を認めるEUの国は増えているものの、日本政府は、欧州全体に対して、新型コロナウイルスに関する感染症危険情報レベル3としており、欧州への渡航中止勧告を出しており、欧州からの入国も拒否している。, EUから日本人が帰国した際も、PCR検査の実施と14日間の自宅などでの待機を求める措置を7月末まで延長することを6月29日に発表しているため、自由な往来再開とはいかない。, 1月末にEUを離脱したイギリスは、欧州域内の移動の自由を保障した「シェンゲン協定」加盟国には含まれていないが、移行期間のためEU域内の移動は認められている。イギリスでは6月8日以降に入国した全ての人に14日間の自主隔離を求め、違反者には罰金を科す厳しい措置を実施しているが、10日よりイングランドに到着後、日本を含む一部の国・地域を対象に自主隔離が不要となる規制緩和を実施することを発表した。, 対象となるのは、日本のほかギリシャ、スペイン、フランス、ベルギー、オーストラリア、香港、ニュージーランド、ベトナムなど59の国や地域と在外英領14カ所。これらの国や地域から到着する人は、これまで求められてきた14日間の自主隔離が免除される。中国、アメリカ、スウェーデン、ポルトガルなどの対象に含まれない国から、イングランド到着後は2週間の自主隔離が必要となる。, 今回のイギリス政府の決定は、イングランドに到着する人が対象となる。スコットランド、ウェールズ、北アイルランドについては、それぞれの自治政府が判断し発表するとしている。, そんなイギリスでは7月4日、3月下旬から新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために長く続けられてきたロックダウン措置が緩和され、約3カ月ぶりにパブやレストラン、美容院、映画館などの営業が再開された。インスタグラムやツイッターなどのSNSには、久しぶりにパブを訪れパイントビールを楽しむ人々からの投稿が多くアップされていた。, やまとごころでは、重点20市場における入国規制の状況を一覧にまとめています。 詳細はダウンロードしてご覧ください。, 【コロナ:世界の動き】「Go To トラベル」全国で一時停止。世界各地、年末年始のイベントの行方は? (2020.12.15), 【世界の動きまとめ】第4波の香港、海外からの入境規制を強化、駅には無料PCR検査自販機。台湾「秋冬版」コロナ対策、来年2月29日まで (2020.12.11), 【コロナ:世界の動き】世界で始まるワクチン接種、東京オリンピック外国人観光客受け入れに間に合うか (2020.12.08), 【オーストラリア編】世界の国・地域別、新型コロナ最新情報:自国民の出国を原則禁止。国境閉鎖は2021年後半まで続くとの見通しも (2020.12.03), 【コロナ:世界の動き】中国とのビジネス往来再開、「Go To トラベル」大型連休まで延長の方針 。ロックダウン導入の欧州各国では感染者数が減少傾向、クリスマスに向け緩和 (2020.12.02), 【世界の動き】コロナ再拡大:日本、入国緩和先送り。増加つづけば緊急事態宣言も視野 韓国、厳しい行動規制を導入 (2020.11.27), 【コロナ:世界の動き】日本と中国、ビジネス往来を11月中再開で合意。台湾、陰性証明書義務化で入境制限を強化 (2020.11.26), 【コロナ:世界の動き】「Go To トラベル」札幌と大阪で一時停止。キャンセル料は国が補填 香港=シンガポールのトラベルバブル延期 (2020.11.24), プレジデント社共催『観光再生』出版記念オンラインセミナー〜観光再生に向け、2021年何…, 観光ニューノーマル「オンライン化で見えるお祭りの未来~コロナ禍で守る地域の伝統とその進…, 【地域共通クーポンの使い方、疑問、質問まとめ】紙と電子の違いは?どこで使えるの?申請方法は?, 【コロナ:世界の動きまとめ】欧州各国、次々とロックダウン。日本、入国規制緩和。中国、韓国など9カ国…, 【世界の動きまとめ】日本の『Go To キャンペーン』が海外でも話題。withコロナの観光、旅行再…, 【訪日外国人数】2020年10月訪日客数、7カ月ぶりに2万人超えも13カ月連続で前年同月割れ、8月…, 【コロナ:世界の動きまとめ】日本政府、中国、韓国、香港などの上陸拒否解除、入国拒否対象は152の国…, 【コロナ:世界の動き】「Go To トラベル」札幌と大阪で一時停止。キャンセル料は国が補填 香港=…. ・ウェストミンスター寺院:7月11日再開(曜日限定) アムステルダム観光で外せないのは、ゴッホ、フェルメール、レンブランドなどオランダ出身画家の名画を鑑賞できる美術館、運河、風車、チューリップなどです。 ・ソフィア王妃芸術センター:6月6日再開 ・凱旋門:6月15日再開 © 2020 Yamatogokoro Inc. All rights reserved. ・オルセー美術館:6月23日再開 パリ市のアンヌ・イダルゴ市長が9月22日、パリを訪れる観光客数の回復のために観光pr動画を公開しました。ジャリル・レスペール監督が制作した動画は、パリの住民やパリを訪れる人の横顔を通して2016年の活気あふれるパリに光を当てています。 2019年の観光客全体の高山市への経済波及効果は約2150億円とされており、このうち外国人宿泊者が占める割合は20.7%、約445億円にも達していた。新型コロナウィルスは、高山からこの巨大な経済波及効果を一気に奪い去ろうとしている。 2020 All Rights Reserved. Copyright© 海に浮かぶ要塞のような姿をしたモンサンミッシェル(Le Mont-Saint-Michel)は、1300年以上の歴史がある修道院です。その姿は「西洋の奇跡」とも言われ、行きたい世界遺産ランキングにかならず登場する超人気の観, フィレンツェの人気観光スポット「ドゥオーモ」、「ウフィツィ美術館」から、展望スポット「ミケランジェロ広場」まで、並ばず、お得に観光するための攻略法をわかりやすくご紹介します。 ・ウフィツィ美術館:6月3日再開 バルセロナは、ヨーロッパでベスト5に入る人気観光地です。