太宰治について など 小学校の教科書に載っていたのですが、誰の作品かずっと気になっていました。 武蔵野(1) - 国木田 独歩 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 所蔵情報. Amazonで独歩, 国木田の武蔵野 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。独歩, 国木田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また武蔵野 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 期間限定で特別価格でご提供しています!! 国木田 独歩(くにきだ どっぽ、1871年8月30日(明治4年7月15日) - 1908年(明治41年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリストである。千葉県銚子生まれ 田山花袋、柳田國男らと知り合い「独歩吟」を発表。 国木田独歩とは? 国木田 独歩(くにきだ どっぽ、1871年8月30日(明治4年7月15日) – 1908年(明治41年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。千葉県銚子生まれ、広島県広島市、山口県育ち。 全く武蔵野の地とは関係のない生まれです。 武蔵野 改版 (岩波文庫)/国木田 独歩(文庫:岩波文庫) - 初期の作品一八篇を収めた国木田独歩(一八七一‐一九〇八)自選の短篇集。ワーズワースに心酔した若き独歩が、郊外の落葉林や田畑をめぐる小道を散策...紙の本の購入はhontoで。 ただし国木田独歩による詩ではなく、原文はイギリスの詩人ワーズワースの「ティンタン寺より数マイル上流にて詠める詩(Lines Written a Few Miles above Tintern Abbey)」の一節で、それを作品のなかで引用した形となっています。, うーん、これをあのように訳すとは、「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したといわれる夏目漱石なみに、耽美な世界観の超訳ですね…, 凡人の私にとっては、日本人なのに「逍遙」の意味もわからず、今一つピンとこない。。。むしろ英文で読んだ方が意味がわかる。, 詩の意味がわかったところで、国木田独歩もワーズワースも読んだことがないので、この部分だけ聞いても何のことやら??となるのですが、せっかくの機会だし、短編なので読んでみました。, 11月のある日、書斎にこもっていた私は、本棚の片隅にあったワーズワースの詩集を手にとる。, これを手に入れた当初は何度も開いて、気に入った箇所にアンダーラインを引いて読み込んだものだ。, あれは7年ほど前、大分県の佐伯という田舎町に1年間、教師として滞在していたときのことだ。, 風光明媚な情景とともに蘇ってくる想い出にひたっていると、若い画家の知り合いが訪ねてくる。, 人の一生を四季にたとえるなら、春が僕の歳のような時として、小春は何歳くらいでしょうね?, ちなみに、小春とは、晩秋から初冬にかけての春を思わせるような暖かい晴天の日のことです。, 今まさに「春」を生きる青年と、人生の冬を迎える前に「小春」を感じる作者との、一枚の絵のような一日のお話です。, 彼女は、もはや歌手という範疇におさまらず、作家や詩人といった方が良いのではないでしょうか。, 昔から宇多田ヒカルって、若いのに老成しているなと思っていましたが、最近ますます、その感が強まっています。, ところで、「誰にも言わない」というタイトルから思い浮かんだのは、2001年にリリースされた「Can you keep a secret?」という曲。, 当初自身の日記で、この曲のタイトルの日本語訳は「秘密守れる?」であるとしていたが、ファンから「誰にも言わない」はどうかという案が出され、宇多田自身、その訳を非常に気に入ったというエピソードがある(Wikipediaより), なるほど「Can you keep a secret?」歌詞のなかにも、「誰にも言わない」の節があります。, でも「Can you keep a secret?」と「誰にも言わない」の詩の内容を比べると、20年の歳月を感じずにはいられません。, 「Can you keep a secret?」では、秘密をもつことへの戸惑いや不安が表現されていますが、「誰にも言わない」では、もう迷いは感じられません。, 国木田独歩の「小春」にちなんで、宇多田ヒカルの人生を考えたとき、「Can you keep a secret?」の頃が春だとすると、あれから夏も秋も経験して、今は「小春」の頃を迎えているのでしょうか。, なにも知らなかった春のあの頃ではなく、酸いも甘いも知った今だからこそ感じられる、小春日和のような暖かさと楽しさがあるのでしょう。, 「月光をして…」の詩のように、運命を受け入れて、自然の流れに身を任せる境地に達しているのかもしれません。. 美術人名辞典 - 国木田独歩の用語解説 - 詩人・小説家。国木田収二の兄。千葉県生。名は哲夫。自然主義文学の先駆者といわれた。代表作に『武蔵野』『窮死』『竹の木戸』等がある。明治41年(1908)歿 … 国木田独歩の創作態度と方法 : 基点としての「小民」 [論文内容及び審査の要旨]. 定本国木田独歩全集. 国木田独歩『小春 (青空文庫pod』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 をつぶやきます。 増訂版 フォーマット: 図書 責任表示: 國木田獨歩著 ; 國木田獨歩全集編纂委員會編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学習研究社, 1978.3 形態: 11冊 ; 22cm 著者名: おもしろい! 国木田独歩は日本近代文学の成立において指導的な役割を果たしました。「武蔵野」「忘れえぬ人々」「牛肉と馬鈴薯」などの小説は、今なお私たちの心を揺さぶります。独歩は柳井市と縁が深い文学者でもあります。 独歩の魅力と革新性はどこにあるのか。 ※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。, 暇つぶし、雑学、読本選び、読書感想文、試験、レポート、一般教養、朗読、創作の参考に。, 【12】 をつぶやきます。 浪漫主義と抒情に出発した初期の名作18編を収録した独歩の第一短編集。詩情に満ちた自然観察で武蔵野の林間の美をあまねく知らしめた不朽の名作「武蔵野」、自然を背景にした平凡な人間の平凡な生活のうちに広大な一種の無限性を感じさ 『小春/国木田独歩』の狐人的な【読書メモと感想】。小春とは晩秋から初冬にかけての晴天の日。人生は老人になって冬で終わるのではなく、子供に返って春で終わるのではないでしょうか?小春の一日、散歩、仕事、読書、あなたは何する? 独歩「鹿狩」について 一九リ(明治一三年八月一五日発行)に発表され、第一文集 国木田独歩の小説「鹿狩」は、『家庭雑誌』第二一巻第一 一 『武蔵野』に収められた短い作品である。それは、叔父に誘 成茫したことを暗示している。 『若菜のうち/泉鏡花』の狐人的な【読書メモと感想】。色彩豊か。日本の四季と日本語の美しさ。将来理想の夫婦像。怪しき可憐な幼女姉妹。泉鏡花さんの幻想文学は美しき怪異譚? 『一人二役/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。ニートTの奇想天外な遊び。 狐人的読書感想は「ゲス不倫×浦沢直樹×遊民×カリギュラ効果×吊り橋効果×名探偵コナン=魔女の宅急便」など。女は魔物! 5月:15日、21日, 「この日あいつから一通ずつメールがきたんだけど、なんなんだろうね? LINEあるし、普段メールなんてしないのにね。……内容? べつになんてことない内容だけど……」. Twitter小説風:140字の小説クイズ! 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 主にブログ更新のご案内、 ブログの中で「藪の中の真相」を書いておりますので、 国木田独歩の「小春」にちなんで、宇多田ヒカルの人生を考えたとき、「Can you keep a secret?」の頃が春だとすると、あれから夏も秋も経験して、今は「小春」の頃を迎えているのでしょうか。 書かれた時代背景 小春: 歸去來: 牛肉と馬鈴薯 ... まぼろし: 死: 二少女: 続きを見る 書誌id: bn01027336. もし君、何かの必要で道を尋ねたく思わば、畑の真中にいる農夫にききたまえ。農夫が四十以上の人であったら、大声をあげて尋ねてみたまえ、驚いてこちらを向き、大声で教えてくれるだろう。もし少女であったら近づいて小声でききたまえ。もし若者であったら、 【ホンシェルジュ】 代表作『武蔵野』で有名な国木田独歩は、記者、教師、詩人、作家など多くの顔を持ちます。芥川龍之介や夏目漱石からも高い評価を受けている国木田の作品は、彼の知識が溢れるものばかりです。その中から今回は5作品、紹介していきたいと思います。 『カルメン/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。内在する悲しみを踊りで表す。憧れは失望から哀しみへ。「僕」とホセの気持ちのシンクロ。ファム・ファタール。男なら必ず一度は危険な女に惹かれてしまうもの…らしい。, 『二癈人/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。井原は湯治場で知り合った斎藤に不思議な親しみを覚えて20年前の罪を告白する。が、告白を聞き終えた斎藤は驚愕の真相を明かす。真犯人は人間じゃない、だけどやっぱり人間です。, 『卵/夢野久作』の狐人的な【読書メモと感想】。男の子と女の子が一目惚れする。恥ずかしい。すなおになれない。だから夢の中で会う。そしたら女の子が現実で卵を産む。その卵を託された男の子。さて、どうする。空想の恋が生むリアル。, 『秋/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。姉妹は同じ人を好きになってしまった。姉は妹の幸せを思い身を引いた。しかし人を好きな想いは簡単には捨てられず。そんな姉の態度が妹を苦しめてしまう。ポリアモリー的関係目指してみる?. 詳細. 名前を訊かれた少年が「清廉潔白の廉だよ」と答える所しか分からず、五十年も経った今、初めて検索してここを読... この感想を書かれた方は10代の方でしょうね。年代の差を感じました。 ※おすすめの小説の、【読書感想】へ。 深く調べてみますと... こんにちは。 Twitter小説風:140字の小説クイズ! 書かれている土地柄 国木田独歩大全 - 国木田独歩 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。 武蔵野 - 国木田独歩/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけ … Follow @n_nanatoshi !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 竹の木戸は、中学生の時に読んで衝撃を受けまして、私の中で、芥川の玄鶴山房と並んで、二大文学作品です。思えば、新美南吉作品の虜であった私、“人間とはそんなにいいものかしら” の答えがわからず、さ迷ってい... はじめまして。 Amazonで国木田 独歩の小春。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。 3月:09日、12日、15日、22日 おすすめです! 主にブログ更新のご案内、 【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】, ※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。 子書誌情報. 自分は真砂犯人説を主張するものです。 もしご興味ありましたら読んでみてください。. ※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。 ※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 話題のアニメ『幼女戦記』って、…ひょっとして幼女ブーム? 国木田独步(1871~1908), 本名国木田哲夫,日本小说家、诗人。生于千叶县一个下级官吏家庭。1888年入东京专门学校(早稻田大学前身)学习,曾信奉基督教。与民友社社长德富苏峰相识,接近民友社。因对学校当局不满而退学。后曾任教员、新闻记者、杂志编辑等。 『小春/国木田独歩』の狐人的な【読書メモと感想】。小春とは晩秋から初冬にかけての晴天の日。人生は老人になって冬で終わるのではなく、子供に返って春で終わるのではないでしょうか?小春の一日、散歩、仕事、読書、あなたは何する? 國木田獨歩全集 フォーマット: 図書 責任表示: 國木田獨歩著 ; 國木田獨歩全集編纂委員会編集 出版情報: 東京 : 学習研究社, 1964.7-1967.9 純文学として長く残っている作品について、 こちらは、国木田独歩(くにきだ どっぽ)の短編小説の中の『小春』の中の一説ですね。 『小春』ではワーズワースの詩がところどころ出てきており、朗読した内容はワーズワースの詩になります。 子供に返って春で終わるのではないでしょうか?, 十一月某日は小春の天気。仕事、散歩、本を読むにも最高の一日。自分は本棚の隅にあったワーズワースの詩集を手に取った。それは八年前に手に入れたもので、その頃は肌身離さず持ち歩いていた。当時の自分がよいと思った一句にはラインが引かれている。自分は独りごちる。七年は夢のごとく過ぎた。, 自分が最も熱心にワーズワースを読んだのは、大分県佐伯で一年間田舎教師をしていた頃だった。山、川、谷、野、森――ワーズワースの詩を読んで鮮明に思い出すのは佐伯の風景ばかりで、故郷のものではない。なぜだろう、と自分は疑問に思う。, そんなとき、外から「兄さん」と呼ぶ声があった。小山という画家を志す病弱な青年だった。自分が佐伯にいた頃とちょうど同じくらいの歳だ。その小山が散歩に行こうと言う。自分は、画板を持って武蔵野を歩き回る青年の姿を想像し、かつてワーズワースの詩集を抱いて佐伯の山野を歩き回った自分を懐かしく思った。, 昼食後、小山は画板を、自分はワーズワースを、それぞれ抱えて散歩に出かけた。大空は春のように青いが、楢林ならばやしは黄色く、やはり秋の景色である。林の奥に朽ちた橋を見つけて、小山がそれを絵に描き始める。自分は下草に腰を下ろし、風に擦れ合う枯葉の音に耳を傾けながら、詩集を読み出した。, 人の一生を四季にたとえて、春を私のような青年期とすると、小春は何歳くらいになるんでしょうね。秋かね? 秋と言わないで、小春ですよ! 僕くらいが小春だろう、いまに冬がくるよ。ははは、冬が過ぎれば、また春がきますよ。, 辺りはひっそりとして、小山は口笛を吹きながらまた描き始める。自分はふと、いま、この二人が意味ある画題にならないか、と思った。, ある光景から喚起される人の感情、なつかしさや哀情、そういったものを描くのが非常に巧みな作家さんですよね、国木田独歩さんは。, ラストシーンはちょっとナルシストっぽいですが、それも含めて感じ入るところの多い作品です。, 筋があるわけではないので、おもしろいというのとはちょっと違うのですが、だけど別の趣があるんですよね。, 『小春』というタイトルの字面からは、どうしても「春」を連想してしまいますが、じつは「秋」というのはけっこう忘れがちになります。, 「小春」は、厳密には「晩秋から初冬にかけて春のように暖かで過ごしやすい晴天の日」のことをいいます。, じつは正直に言ってしまうと、今回の読書はなぜかあまり深い感想を抱けなかった気がします。, なので、以下はかなり漠然としたことを書くことになりそうな予感がしますが、一応書き綴っておきたいと思います。, まず、昔の本を引っ張り出してきて読む、というのはなんとなくいいなと感じました。当時気に入った一文にラインとか引いていれば、たしかに昔の自分といまの自分とを比べてより味わい深くその本を楽しめるという気がします。, しかし、本はなるべくキレイに使いたい派の僕には不可能だとすぐに悟りました。そんな自分の性格がちょっとだけ悔やまれたところでした(まだ間に合うか? しかし……)。, 同じ自然風景を描出していても、写真と文章は明らかに違うものですよね。同じように写真と絵も違います。では文章と絵はどうなのか、といって、この二つは写真と比較するよりは同じもののように感じました。, 文章も絵も、作者の気持ちが反映されるから、というのがその理由なのですが、わざわざ書くまでもない当たり前のことを書いているかもしれませんね、これは(てか、当たり前のことを書いている)。, 昔のことを自分のことだとは思えない、ということが書かれている部分があるのですが、この感覚はちょっとわかりにくいように、僕には感じられました。, 年が経ってどれだけ自分が変わったとしても、昔の自分が自分だと思えない、などと思われる日が、誰にでもいつかは訪れるものなんですかね? それはなんとなく、ちょっと怖いようにも思えるし、しかしそのときになってみれば、案外なんてことないのかもしれないなと想像しました。, 壮年が秋(小春)というのは早くない? ――みたいなちょっと違和感を覚えるところでしたが、しかし老年が冬というのは頷けるところがあるので、だったら順番的に壮年が秋で間違いないのかもしれませんね。, 「冬が過ぎれば、また春がきますよ」という発言は、ウィットが利いているな、と感じますが、老人になればまた子供に戻る、みたいなことも言われますよね。, 人間は子供から大人に、そしてまた子供に返って生涯を終わり、四季になぞらえれば冬ではなく春で人生を終えるというのは、なんとなく感じ入ることの大きなところでした。, 国木田独歩はワーズワースの影響大。そして国木田独歩は織田作之助などの多くの作家に影響を及ぼしている(と感じる)。本作中には『星』を思わせるところあり。, 1900年(明治33年)12月、『中学世界』にて初出。哀情、ある情景が感じられる小説。, (▼こちらもぜひぜひお願いします!▼) Follow @n_nanatoshi. 4月:05日、25日 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 人生は老人になって冬で終わるのではなく、 審査の要旨 Author: 国木田独歩の創作態度と方法 : 基点としての「小民」 [論文内容及び審査の要旨] Created Date: … 国木田 独歩(くにきだ どっぽ、1871年 8月30日(明治4年7月15日) - 1908年(明治41年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。 千葉県 銚子生まれ、広島県 広島市、山口県育ち。. ・中学生になってから、国木田独歩の詩「山林に自由存す」を読んだ。 ・「この僕の所にある松林こそ「松林」なのだ、これはうれしと思った。 ・「遠くにあるものではなくて、 今ここにあるものを摘み取られ、高々と掲げられたような気持ちになった 。 国木田彩良の高祖父にあたる、国木田独歩が初代編集長を務めた『婦人画報』で、日本でのモデル活動を本格的にスタート。その『婦人画報』2015年1月号より、ファッションの連載企画でモデルを務めて …