33 4.2 日本国内の規制動向 34 4.2.1 大気 35 4.2.2 水質. 環境基準について 人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、終局的に、大気、水、土壌、騒音をどの程度に保つことを目標に施策を実施していくのかという目標を定めたものが環境基準である。 市場からの回収等で19 0億円の損失 ニッケルのマテリアルフローと既存の排出量データ 5 1. 特定芳香族アミンおよびアゾ染料 アゾ染料は繊維製品や皮革製品の染色に広く用いられる染料です。日本、eu、中国、台湾、韓国、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、インド等の多くの国で、発がん性のある芳香族アミンを生じる恐れのあるアゾ染料の生産や使用が規制されています。 はじめに 6 2. まとめ 3 4 iii. オランダ法 規制: 日本メーカーの家庭用ゲーム機の配線被覆 の顔料から、オランダの法規制による規制値 を超えるカドミウムを検出. 界のニッケル消費量のうち約2 割を占めるものと見込まれる。日本などでは調整用として使われ 日本などでは調整用として使われ ているが、中国などではNPI原料(Ni品位15%以下)では補いきれなかったニッケル分の補充と オランダ: 2001. 日本のニッケル鉱石輸入動向 グァテマラから八戸へ初の輸入 . 重金属濃度の高い土壌は世界にも日本にも広く存在します。その原因は土壌汚染という人為的なものもありますが、もともと土壌を形成する成分が重金属濃度が高いためでもあります。下図は日本における土壌のニッケル濃度とニッケル過剰によって害を受けたタバコの葉を示しています。 指定水域の水質の汚濁の防止のための規制については、都道府県知事は、水道水源特定事 業場に関し、トリハロメタン等の生成の原因となる物質に係る排水基準等を定めるととも に、これらの基準を遵守していないと認めるときは、その施設の設置者に対して必要な措 置をとるべきことを勧告 1 4.2.3 その他 2 5. 日本製鉄のホームページ。新日本製鉄と住友金属が統合して誕生した新日鉄住金は、2019年4月に商号を変更し、日本製鉄として新たなスタートをきりました。私たちは、世界最高の技術力とものづくりの力で、鉄事業を通じて社会に貢献する「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」を目指します。 Tweet 貿易通関統計による2016年9月のニッケル鉱石輸入量は、36万3,538トンとなり、前月比33%増、前年比2%増となった。CIF輸入平均単価は5円/kg ニッケル地金の輸入は、2,686トンとなり、前月比19%増、前年比9%増と … 4. 日本:特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法 律. ホルムアルデヒド; ドイツ・化学品禁止規則. ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 安全・衛生 > 化学物質対策について > 平成20年11月の特定障害予防規則等の改正(ニッケル化合物・砒素及びその化合物に係る規制の導入等). 2016.11.15 11:32. デンマーク・指令№289 ; ダイオキシン類. 放射性物質; 放射線障害防止法、原子炉規制法. ニッケル協会はステンレス鋼など現行及び新規のニッケル用途の市場を成長・支援を行うと共に、公共政策と規制の基本として、健全な科学、リスク管理、社会経済的便益を促進しています。 8507.30 :ニッケル・カドミウム蓄電池 8507.40 :ニッケル・鉄蓄電池 8507.50 :ニッケル・水素蓄電池 8507.60 :リチウムイオン蓄電池 8507.80 :その他の蓄電池 ii. ニッケル・カドミウム蓄電池(ニッケル・カドミウムちくでんち、英語: Nickel-Cadmium rechargeable battery:Ni-Cd )とは、二次電池の一種で、正極に酸化水酸化ニッケル、負極にカドミウム、電解液に水酸化カリウム水溶液(苛性カリ・KOH aq.)を用いたアルカリ蓄電池である。 日本のアクセサリー業界はまだ基準がありません!ニッケルフリーはニッケルが少なめ程度と認識してください! ヨーロッパではアレルギーの主要な原因のニッケルが日本と違い厳しく規制されていて、ニッケルフリーと呼ばれる基準は、 ニッケル含有. 輸入時の規制 電気用品安全法 日本全国における、ニッケル化合物の大気への排出量が指針 値(25ng/m 3 )を超過した地点数は、右表に示す通り10年前に 比べて減少してきており、近年では超過する地点は見られなく ニッケル地金の製造・輸入量等 (金属鉱山会・日本鉱業協会, 2003) フェロニッケル、酸化ニッケルの製造・輸入量等 (金属時評, 2002; 工業レアメタル, 2003) 1) フェロニッケル、酸化ニッケルの製造・輸入量等はニッケル純分換算値。 c. スクラップメタル (表 4-3) 日本のニッケル需給動向③ ~フェロニッケル~ 10 出典:財務省貿統計に基づき作成 単位:純分換算千t 0 20 40 60 80 100 120 輸入 生産 日本のフェロニッケル供給量の推移 0 40 輸出 消費 日本のフェロニッケル需要量の推移 2012年供給量は5.3%減の8.6万t rohs指令、reach規則以外にもeu(欧州連合)には、pfos規制や ニッケル規制、アゾ染料の規制、gsマークのpah評価などがあります。 eu以外の地域の規制も解説します。 販売禁止、市場より回 収.