(調査研究報告資料, 第30号. 所蔵館2館. 所蔵館4館. 47年は国立社会保障・人口問題研究所 「日本の都道府県別将来推計人口(平成 19年5月推計)」 都市部に居住する高齢者が大幅に増加する見通し 7. 厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部. 高齢化率の推移 3. 未婚男女の結婚観 : 第10回出生動向基本調査(独身者調査)の結果から 著者 中野英子[他] 出版者 国立社会保障・人口問題研究所 出版年月日 1994-10 掲載雑誌名 人口問題研究. 目的. 厚生省人口問題研究所, 1993-タイトル別名. 編集者及び発行者名変更: 国立社会保障・人口問題研究所. 国立社会保障・人口問題研究所 編. 104. 厚生統計協会 2002.5 人口問題研究 / 厚生省人口問題研究所編 第57巻(2001年) 第2, 3号. その1 , その2. わが国の社会保障及び人口問題に関する事項について調査し、社会保障及び人口問題に関する研究のための分析を行うとともに、厚生労働行政等における各種の施策に資する基礎資料を提供することを目的としている。 独身者調査ならびに夫婦調査報告書. 国立社会保障・人口問題研究所. 厚生労働統計協会, 2017.7-平成27年 (平27)-タイトル別名. 子どもがいない夫婦の割合についてです。国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(夫婦調査)」から、夫婦のうち妻の年齢別に見ると、妻が20代の夫婦ではおよそ3割程度が子供がいないということになっています。. タイトル読み. タイトル読み. 50(3) 提供制限 インターネット公開 原資料(url) 子供のいない夫婦の割合. 出生動向基本調査. わが国独身層の結婚観と家族観 平成14年 (第12回出生動向基本調査) 国立社会保障・人口問題研究所 編. 人口推移 2. 2020年版; 2019年版; 2018年版; 2017年改訂版; 2017年版; 2016年版; 2015年版; 2014年版; 2013年版; 2012年版; 2011年版; 2010年版; 2009年版; 2008年版; 2007年版; 2006年版; 2005年版; 2004年版; 2003年版; 目次. GD Freak! 国立社会保障・人口問題研究所 National Institute of Population and Social Security Research Tokyo, Japan 平成29年推計 人口問題研究資料第336号 平成29年7月31日 ISSN 1347-5428 Population Research Series No.336 July 31, 2017 ―平成28(2016)~77(2065)年― 附:参考推計 平成78(2066)~127(2115)年 日本の将来推計人口 Population Projections for Japan: 2016-2065 … Webcat Plus; 国立国会図書館サーチ; WorldCat; 注記. 第10回調査(平成4年)より名称変更:出産力調査→出生動向基本調査. 平成22年第14回出生動向基本調査 : 結婚と出産に関する全国調査 ; 第2報告書), issn 13479024 注:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」を使って 第一生命経済研究所試算 正社員 7.9万人 パート・派遣 11.6万人 自営業主・家族従業者・内職 0.5万人 (退職前の雇用形態) 0 5 10 15 20 待機児童数 5.5万人 正社員 「第9~12回出生動向基本調査」(国立社会保障・人口問題研究所2004) 具体的項目としては、男女とも 「職業や仕事上の問題」が増加. 目 次 1. 103. ページ内を移動するためのリンクです。 グローバルナビゲーションへ; 本文へ; サイト情報へ; ホーム; 人口統計資料集; 2018年版; 人口統計資料集. シュッショウ ドウコウ キホン チョウサ. (出所)国立社会保障・人口問題研究所『第15 回出生動向基本調査(夫婦調査)』(2015年)より作成。 4.27 3.5 3.6 2.83 2.65 2.2 2.192.23 2.21 2.21 2.23 2.09 1.96 1.94 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 1935 1940 1945 1950 1955 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2010 2015 2020 人 完結出生児数 (年) (注)「完結出生児数」は、結婚持続期間(結婚からの経過期間)15~19年夫婦の … 国立社会保障・人口問題研究所. 国立社会保障・人口問題研究所, 2012. 大学図書館所蔵 件 / 全 19 件. 国立社会保障・人口問題研究所 ... 社会保障・人口問題基本調査の実施・公表 : 5年周期で、出生動向基本調査、人口移動調査、生活と支えあい調査、家庭動向 調査、世帯動態調査を行っている。 国内外の人口、社会保障に関する研究を実施。 oecd各国のgdpにおける社会的支出割合(%、種類別) 日本の人口推移 (1920 - 2010) と予想人口 (2011 - 2060)。ipss,2016年 沿革. ここから本文です。 平成27年国勢調査 年齢・国籍不詳をあん分した人口(参考表) 当集計は,平成27年国勢調査人口等基本集計結果の中から人口に係る最も重要な項目である年齢及び国籍について,不詳を一定の処理方法に基づきあん分して,算出した。 社会保障・人口問題基本調査 【一般統計調査】 【実施機関】 厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部 【目的】 わが国の社会保障及び人口問題に関する事項について調査し、社会保障及び人口問題 に関する研究のための分析を行うとともに、厚生労働行政等における各種の施策に資す る基礎資料を提供することを目的としている。 調査は、 1. 出生動向基本調査 : 結婚と出産に関する全国調査 : 夫婦調査の結果概要 . 事実に基づく思考のために. (資料出所)国立社会保障・人口問題研究所 「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)」 5.7% 8.1% 11.2% 15.3% 19.5% 18.4% 16.3% 28.3% 13.0% 12.1% 9.6% 10.0% 37.3% 37.7% 39.3% 40.4% 42.8% 33.9% 35.5% 34.6% 32.8% 28.4% 24.0% 23.6% 3.1% 3.4% 3.8% 3.8% 4.1% 4.2% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 昭和60年-平成元年 平成2年-6年 平成7年-11年 平成12年-16年 平成17年-21年 平 … 出生動向基本調査. 国立社会保障・人口問題研究所『出生動向基本調査第i報告書(日本人の結婚と出産)』各回調査による。 注: 第7回調査のみ調査時の妻の年齢40~44歳についての値。他は調査時の妻の年齢40~49歳についての値。 現代日本の家族に関する意識と実態 : 特集. 国立社会保障・人口問題研究所 [2002] 第12回. 詳細情報. 8 63.60 67.74 71.73 74.78 76.38 78.56 79.64 80.22 81.39 82.31 83.05 83.67 67.75 72.92 76.89 80.48 82.85 85.52 86.39 87.08 88.19 89.06 89.77 90.34 60 65 70 75 80 85 90 95 1955 1965 1975 1985 1995 2005 2010 2015 2025 2035 2045 2055 (年) (年) 男 女 平 … わが国夫婦の結婚過程と出生力 : 出生動向基本調査 国立社会保障・人口問題研究所編集 厚生統計協会, 2004.4-2012.7 平成14年 (平14)-平成22年 (平22) この図書・雑誌をさがす. わが国独身層の結婚観と家族観. 一般統計調査 実施機関. 国立社会保障・人口問題研究所は2010(平成22)年6月、第14回出生動向基本調査(結婚と出産に 関する全国調査)を実施した。 この調査は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに 国立社会保障・人口問題研究所編集 . 掲載された論文等の編集著作権は原則として国立社会保障・人口問題研究所 に属する.ただし,論文中で引用する文章や図表の著作権に関する問題は,著 者が責任を負う. 2013年2月. このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 ログイン 会員登録. 2020年版; 2019年版; 2018年版; 2017年改訂版; 2017年版; 2016年版; 2015年版; 2014年版; 2013年版; 2012年版; 2011年版; 2010年版; 2009年版; 2008年版; 2007年版; 2006年版; 2005年版; 2004年版; 2003年版; 表・図一覧. ゲンダイ ニホン ノ ケッコン ト シュッサン : シュッセイ ドウコウ キホン チョウサ (ドクシンシャ チョウサ ナラビニ フウフ チョウサ) ホウコクショ. 出生動向基本調査. ページ内を移動するためのリンクです。 グローバルナビゲーションへ; 本文へ; サイト情報へ; ホーム; 人口統計資料集; 2019年版; 人口統計資料集. 厚生省人口問題研究所編 . 初体験の平均年齢は19歳前後。日本人の10代-30代の童貞率・処女率の実態はどうなっているの?国立社会保障人口問題研究所の『第15回出生動向基本調査(2015)』と相模ゴム工業株式会社の『ニッポンのセックス』のデータを参考に若者を中心とした童貞・処女の割合について調べてみました。 第14回出生動向基本調査の調査データです。≫第14回出生動向基本調査結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要 国立社会保障・人口問題研究所<第14回出生動向基本調査に関する資料>(項目名をクリックするとその項目の内容が表示されます)※PDF形式のファイルを見るためにはアクロバットリーダー(AcrobatReader)というソフト(無償配布)が必要です。 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」 ※年次は調査年。未婚者については、18~34歳の者を対象に集計したもの。夫婦の予定子ども数・理想子ども数は妻が50歳未満の夫婦に係る調査で 回答者は妻。 7